Archive | 2月 2017

2017/02/12 大阪府 大阪城公園

曇り。ちょっと青空。その後、たまにきつめの雪。

4:30就寝だったため、お昼に登城。

照準器をEotechの高めのレプリカに変更して最初の撮影。
視野広いので、今までの2種より見やすい。電池と、重いのがデメリット。

本物のミリタリー系ライフル?用の照準器50万とか高すぎて買えません。買えたとしてもレンズやカメラ買うな~。
ファインダーに入ればいいからレプリカで十分。

機器構成も全部手をいれてみた。構成から部品から再調整をだらだら2週間。
使えなかったカメラもそのまま使えることができるようにしたので、本日は2機種を投入。
結果は、うまくいったかな。次回もつかってみる。

さてさて登城すぐに、大手門でヒデキングさんとあこさんと出会う。
オオタカがいつものとこにいなかったとのこと。

とりあえず、今日はアトリ見ようかな~と神社裏へ。
到着後、昼食をとろうと自転車とめて振りかえったら、オオタカが前にいた。
目の前だ。

カメラも出してないし、肉眼で見てたら韓国学生4名がワイワイガヤガヤやってきてオオタカの方に突入。さよう~なら~。
大阪のどこもかしこも学生と思われる韓国人が多い。休みなんだろうか。

竹島やら対馬の仏像なんやらめんどくさいことしててよく日本に来る気になるな~と思う。今の時期に向こうに行く日本人もよく行く気になるな~とも思うがw

オオタカはその後も来ては飛んでいくを繰り返し、城南と神社裏をいったりきたり。最後は、目の前に飛んできて止まったので二枚撮影。目が合って飛び出したところを烏に急襲され博物館裏の方へ飛翔。
アトリは20~30羽単位で数度やってきては落ち葉の上へ。
アオジ、シロハラも同じ。
あと、雪がふぶいて撮影できなかったが、ムシクイ1羽。

帰りがてら、ピースへ移動、ジョウビタキ♂1羽。
トラツグミも音楽堂側?から飛んできておりる。
ニシオジロビタキは、いつものところに。

【本日の確認種】
ハクセキレイ
カワウ
ユリカモメ
カルガモ
オオタカ
アオジ
ウグイス
ムシクイ
メジロ
ヒヨドリ
シロハラ
シジュウカラ
アトリ
トラツグミ
ニシオジロビタキ

【本日のTOPページ更新】

ニシオジロビタキ
トラツグミ
アトリ
オオタカ

TOPページの写真

 


style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-2966656242468773"
data-ad-slot="7535527644">

-->

2017/02/04 大阪府

快晴。好い天気。
昼前から用事のため、それまで探鳥。

しかし、遅く出たためアカハジロに振られる。
大和川も特に変わった子はいない。

【本日の確認種】
ハクセキレイ
カワウ
ユリカモメ
セグロカモメ
ウグイス
カワセミ
ヒヨドリ
ムクドリ
カルガモ
オオバン

 


style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-2966656242468773"
data-ad-slot="7535527644">

-->

スズメ目 セキレイ科 セキレイ属、イワミセキレイ属

今日は、スズメ目 セキレイ科 セキレイ属で搾ってみよう。

しかし、全然見たことないのばかりだ。

ID 種/亜種 和名 学名
1008 イワミセキレイ Dendronanthus indicus スズメ目 セキレイ科 イワミセキレイ属
1009 ツメナガセキレイ Motacilla flava スズメ目 セキレイ科 セキレイ属
1010 亜種 シベリアツメナガセキレイ Motacilla flava plexa スズメ目 セキレイ科 セキレイ属
1011 亜種 カオジロツメナガセキレイ Motacilla flava leucocephala スズメ目 セキレイ科 セキレイ属
1012 亜種 キタツメナガセキレイ Motacilla flava macronyx スズメ目 セキレイ科 セキレイ属
1013 亜種 マミジロツメナガセキレイ Motacilla flava simillima スズメ目 セキレイ科 セキレイ属
1014 亜種 ツメナガセキレイ Motacilla flava taivana スズメ目 セキレイ科 セキレイ属
1015 キガシラセキレイ Motacilla citreola スズメ目 セキレイ科 セキレイ属
1016 亜種 キガシラセキレイ Motacilla citreola citreola スズメ目 セキレイ科 セキレイ属
1017 キセキレイ Motacilla cinerea スズメ目 セキレイ科 セキレイ属
1018 亜種 キセキレイ Motacilla cinerea cinerea スズメ目 セキレイ科 セキレイ属
1019 ハクセキレイ Motacilla alba スズメ目 セキレイ科 セキレイ属
1020 亜種 ニシシベリアハクセキレイ Motacilla alba dukhunensis スズメ目 セキレイ科 セキレイ属
1021 亜種 メンガタハクセキレイ Motacilla alba personata スズメ目 セキレイ科 セキレイ属
1022 亜種 ネパールハクセキレイ Motacilla alba alboides スズメ目 セキレイ科 セキレイ属
1023 亜種 シベリアハクセキレイ Motacilla alba baicalensis スズメ目 セキレイ科 セキレイ属
1024 亜種 タイワンハクセキレイ Motacilla alba ocularis スズメ目 セキレイ科 セキレイ属
1025 亜種 ハクセキレイ Motacilla alba lugens スズメ目 セキレイ科 セキレイ属
1026 亜種 ホオジロハクセキレイ Motacilla alba leucopsis スズメ目 セキレイ科 セキレイ属
1027 セグロセキレイ Motacilla grandis スズメ目 セキレイ科 セキレイ属

意外と見てないとわからないようなのはいないか。
みんな特徴的。

ハクセキレイ

ハクセキレイ
頭から肩、背にかけてが黒色または灰色、腹部は白色だが胸部が黒くなるのが特徴的である。顔は白く、黒い過眼線が入る。
「引用」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
2017年2月1日 (水) 20:27 UTC URL https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%AC%E3%82%A4

ハクセキレイ(若)

ハクセキレイ(若)

セグロセキレイ

セグロセキレイ
頭から肩、背にかけてが濃い黒色で、腹部が白色で胸部は黒色。ハクセキレイと見分けがつきにくい場合があるが、本種は眼から頬・肩・背にかけて黒い部分がつながるところで判別できる。
「引用」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
2017年2月1日 (水) 20:27 UTC URL https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%AC%E3%82%A4

キセキレイ

キセキレイ
頭から肩、背にかけてが灰色、上腹部が白色、下腹部が黄色で、他種と容易に見分けられる。
「引用」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
2017年2月1日 (水) 20:27 UTC URL https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%AC%E3%82%A4

ホオジロハクセキレイ

ホオジロハクセキレイ
過眼線が無く、容姿はタイリクハクセキレイ基亜種に酷似する。
「引用」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
2017年2月1日 (水) 20:27 UTC URL https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%AC%E3%82%A4

ツメナガセキレイ

ツメナガセキレイ
上嘴の色彩は黒く、下嘴の色彩は上嘴より淡いかピンク色を帯びる。
後肢の色彩は黒い。夏羽は胴体背面が緑褐色、腹面は黄色の羽毛で覆われる。
冬羽は背面が緑みがかった暗褐色、腹面が淡黄色の羽毛で覆われる。
幼鳥は背面が緑褐色、
腹面が黄褐色の羽毛で覆われる。眼上部の眉状の斑紋(眉斑)や嘴基部から頸部にかけて入る斑紋(顎線)は黄褐色。
「引用」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
2017年2月1日 (水) 20:27 UTC URL https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%A1%E3%83%8A%E3%82%AC%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%AC%E3%82%A4

メンガタハクセキレイ

メンガタハクセキレイ
メンガタといわれるだけあって、確かに顔がメンっぽいw

イワミセキレイ

イワミセキレイ
頭から上尾筒までの上面は緑灰色で、喉から下尾筒までの下面はくすんだ白色である。
眉斑は黄白色で、胸に黒いT字形の斑がある。
雌雄同色である。
「引用」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
2017年2月1日 (水) 20:27 UTC URL https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%AF%E3%83%9F%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%AC%E3%82%A4

タイワンハクセキレイ

タイワンハクセキレイ
過眼線があるなど容姿はハクセキレイと酷似するが、本亜種は胸部の黒色が嘴の下までつながる点で判別される。
「引用」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
2017年2月1日 (水) 20:27 UTC URL https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%AC%E3%82%A4

 


style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-2966656242468773"
data-ad-slot="7535527644">

-->
This entry was posted on 2017年2月1日, in [etc.].