2019/10/23 探鳥(大阪城公園) ジュディ・オングみたいなムギマキ雄成長。他にムギマキ雌など

今日もリュックひとつで、ぶらぶらと歩きながら12時まわってから探鳥。

京橋口から飛騨の森を通り、まだ見ていなかったノゴマを見る。

人気者だ。

ノゴマを見ていると、ムギマキはまだいるよとのこと。(どもです)

まじか。

行かなければ。

飛騨の森を通り、愛の森を通り、極楽橋を渡り、山里丸を通り、配水地北側へ向かう。

今日は平日なので人も少ないだろうと思ったが、現地に着くと昨日より多いのでは・・・。

(祝日は、私が覗いた時間がたまたま少なかったからそう思っただけだったようだ。)

少ししたらムギマキ雄成長があらわれた。

まだいてくれてうれしい。

明日からは雨。

もう行ってしまうかな。

また、来年の春、または秋に会おう。

ぜひ会おう。

大阪城公園で待ってます^^

他にキビタキ雌やジョウビタキ雌雄、シジュウカラ、スズメ、コゲラ、メジロなど見ながらのんびりしていたらなにやらヒタキが出てきた。

ムギマキ雄若か!

はじめに撮った写真は腹の部分のみ。

薄い橙色だ。

雄若かな。

飛んだので撮影。

おっと雌。

ムギマキ 雌
ムギマキ 雌

これはうれしい。今季初^^

ムギマキ雄若と雌の識別については、

元山さんのブログ 「大阪城公園の野鳥 元山裕康のこんなん出てます!」 

元山さんのブログはこちら

の記事を見ていただくとわかりやすいと思います。

本日のムギマキ雌には外側尾羽の付け根付近が白色でない。

ムギマキ雌

ちなみに昨日のムギマキ雄若

昨日のムギマキ雄若

その後も何回もやってきてくれた。

前や横や上方向などいろいろ。

時間が経ち、時間も16時をまわり薄暗くなってきた。

もともと曇り空のためとても暗い。

人も数人。

ムギマキも出るかでないかわからない。

キビタキ雌がちらほらやってくる。2羽。

ちょっと真剣に撮影してみた。

キビタキ雌がやってくるので、いろいろと設定を変えて試写。

本命を待つ。

まぁそうすぐにはやってこない。

ムギマキ雌はやってくる。

雄成長はでない。

もう終わりかなと、思ったらやってきた。

一枚ぐらい狙った飛翔写真を撮りたい。

(狙わなくても連射撮影していると勝手に撮れていたりするのだが)

とりあえず正面顔飛翔が撮れた^-^

「ジュディ・オングみたいなムギマキ成長雄」

O野さんの奥さんに見てもらうと、

「ジュディオングみたい」

とコメントをいただいた。

タイトルに入れよう。

「ジュディ・オングみたいなムギマキ成長雄」と。

コメントありがとうごうざいます^^

手持ちでこれだけ撮れる今の機材ってすごいな~。

三脚あったら・・・・

実は三脚座つけてませんが、買ってしまったw

三脚座の使用用途がちょっと違うんですが。その話はまた違う記事で・・・。

さて、次登城するときにはムギマキは渡ってるかな~。

追記・・

一眼レフを久しぶりにメインで使用しているが、

どんだけ背景にピントもってかれるんだ・・・・

マニュアル調整がんばろう。

チョコエッグ 動物シリーズ(鳥)

チョコエッグ 動物シリーズ(鳥)は2003年ごろに発売されている。

すべて羽を広げた鳥の造形 になっている。

ただ、造形美は私は好みではない。この時点で海洋堂とフルタ製菓は決別しており、松村さんの造形ではない。

ルリツグミ、コアホウドリ、ハクトウワシ とか馴染みのない鳥がまざっている。

撮影が終わり次第、画像をアップ予定。

以下がラインナップされていた。

001 オオタカ
002 ミサゴ
003 ハクトウワシ
004 アカゲラ
005 アカショウビン
006 メジロ
007 コミミズク
008 カワセミ
009 ゴイサギ
010 コアジサシ
011 ミツユビカモメ
012 モズ
013 ウグイス
014 スズメ
015 ルリツグミ
016 タンチョウ
017 ブッポウソウ
018 シジュウカラ
019 オオハクチョウ
020 コアホウドリ
SP オオタカの飛び立ち