2019/10/27 探鳥(大阪城公園) キクイタダキ現る

所要で昼をまわってから登城。

今日は、神社東側でキクイタダキが出ているとのこと。

修道館裏、神社裏を通り神社東側へ。

通っているときに、ジョウビタキ雄が現れた。

神社東に行くと、キクイタダキがちょこちょこ動き回っている。

キクイタダキ

堀側ではムシクイとメジロ。キビタキ雌、ジョウビタキ雌も。

ムシクイ
ムシクイ

オオムシクイなんだろうか・・・

ネット調べていると P10といわれる 初列風切最外羽 と PCとよばれる 最長初列雨覆 との長さの差で判別できるとか・・・。

初列風切最外羽 がはっきり撮れている写真が一枚もなかった Orz

今日は配水地に行かなかったが、ムギマキはいたらしい。

ほとんど見れないとか。

ピース大阪まで移動する。

ピース大阪では、ムシクイとメジロ。

ムシクイ

オオルリは見れず。ヤマガラもいない。

どこへ・・・。

水流では、コサギ、カルガモ、コガモ。

ジョウビタキ雌。

教育裏を通って帰路へ。

2019/10/26 探鳥(大阪城公園) ムギマキ雄成長はまだいた。

久しぶりに飲んで早めに眠ってしまったので一日遅れで記事を書く。

昼前にピース大阪から入城すると、ピース大阪前にヤマガラ2羽が飛んでいる。

久しぶりにヤマガラを見る。

地面に降りたり、木に飛んでいったり。

オオルリもいたそうだが見ず。

実が減ってだんだんこなくなったとか。

沖縄復帰の森では、キビタキ雌1羽。そのまま桜広場へ。

桜広場から梅林を見ると、モズが1羽高鳴きをしている。

神社裏へ向かうと、モズ雌1羽が飛んできた。

その近くにホオジロらしき鳴き声。

一度だけ飛んで姿を現すもそのまま藪の中へ。

モズがいるから出てきにくいのか15分まっても出てこない。

あきらめて修道館のほうへ移動し、空堀を見てから桜門を通り旧博物館裏へ。

そこでは、ジョウビタキ雄雌が追いかけっこ。

樹上にはカワラヒワが複数。

配水地の東側へ向かうと、スズメとシジュウカラが水溜りで水浴び。

配水地北側ではムギマキがいたそうだが、ジョウビタキとキビタキ雌がたまに現れるだけ。コゲラ、メジロも現れる。

そのうち、ムギマキ雄成長が1羽現れてすぐに消える。

山里丸では、キビタキ雌、メジロ、ジョウビタキ雌。

飛騨の森ではノゴマの雄と雌。

用事のため早々に退散。

2019/10/23 探鳥(大阪城公園) ジュディ・オングみたいなムギマキ雄成長。他にムギマキ雌など

今日もリュックひとつで、ぶらぶらと歩きながら12時まわってから探鳥。

京橋口から飛騨の森を通り、まだ見ていなかったノゴマを見る。

人気者だ。

ノゴマを見ていると、ムギマキはまだいるよとのこと。(どもです)

まじか。

行かなければ。

飛騨の森を通り、愛の森を通り、極楽橋を渡り、山里丸を通り、配水地北側へ向かう。

今日は平日なので人も少ないだろうと思ったが、現地に着くと昨日より多いのでは・・・。

(祝日は、私が覗いた時間がたまたま少なかったからそう思っただけだったようだ。)

少ししたらムギマキ雄成長があらわれた。

まだいてくれてうれしい。

明日からは雨。

もう行ってしまうかな。

また、来年の春、または秋に会おう。

ぜひ会おう。

大阪城公園で待ってます^^

他にキビタキ雌やジョウビタキ雌雄、シジュウカラ、スズメ、コゲラ、メジロなど見ながらのんびりしていたらなにやらヒタキが出てきた。

ムギマキ雄若か!

はじめに撮った写真は腹の部分のみ。

薄い橙色だ。

雄若かな。

飛んだので撮影。

おっと雌。

ムギマキ 雌
ムギマキ 雌

これはうれしい。今季初^^

ムギマキ雄若と雌の識別については、

元山さんのブログ 「大阪城公園の野鳥 元山裕康のこんなん出てます!」 

元山さんのブログはこちら

の記事を見ていただくとわかりやすいと思います。

本日のムギマキ雌には外側尾羽の付け根付近が白色でない。

ムギマキ雌

ちなみに昨日のムギマキ雄若

昨日のムギマキ雄若

その後も何回もやってきてくれた。

前や横や上方向などいろいろ。

時間が経ち、時間も16時をまわり薄暗くなってきた。

もともと曇り空のためとても暗い。

人も数人。

ムギマキも出るかでないかわからない。

キビタキ雌がちらほらやってくる。2羽。

ちょっと真剣に撮影してみた。

キビタキ雌がやってくるので、いろいろと設定を変えて試写。

本命を待つ。

まぁそうすぐにはやってこない。

ムギマキ雌はやってくる。

雄成長はでない。

もう終わりかなと、思ったらやってきた。

一枚ぐらい狙った飛翔写真を撮りたい。

(狙わなくても連射撮影していると勝手に撮れていたりするのだが)

とりあえず正面顔飛翔が撮れた^-^

「ジュディ・オングみたいなムギマキ成長雄」

O野さんの奥さんに見てもらうと、

「ジュディオングみたい」

とコメントをいただいた。

タイトルに入れよう。

「ジュディ・オングみたいなムギマキ成長雄」と。

コメントありがとうごうざいます^^

手持ちでこれだけ撮れる今の機材ってすごいな~。

三脚あったら・・・・

実は三脚座つけてませんが、買ってしまったw

三脚座の使用用途がちょっと違うんですが。その話はまた違う記事で・・・。

さて、次登城するときにはムギマキは渡ってるかな~。

追記・・

一眼レフを久しぶりにメインで使用しているが、

どんだけ背景にピントもってかれるんだ・・・・

マニュアル調整がんばろう。

2019/10/22 探鳥(大阪城公園) ムギマキ雄成長に若など 

今日もリュックひとつで、朝風呂はいってから12時から探鳥。

ぶらぶらリハビリがてら歩いて大手門をくぐり、西の丸庭園に入るか悩みつつ空堀へ。

桜門あたりの空堀にカメラマンが多数。

今日もノジコがでているのか!!

ちょっとすぐ出てくるのかわからないので、そっちに行かず修道館から神社裏まで探鳥。

修道館裏ではコサメビタキが2羽。サメビタキには会えず。(市民の広場にいたらしい)

神社裏ではキビタキ雌1羽。神社東側ではコサメビタキ1羽、キビタキ雌1羽。

神社裏の石段で、ズボンに大量のひっつき虫みたいなのがついたため、

財布からJALのマイレージカードを取り出し、ひっぺがえしながらとる。

そんなことをしていたらケチャップ姉さんとお姉さま方が通りがかり、ムギマキ出てるよ~と教えていただく。どもです。

配水池に雄成長、若。沖縄復帰の森に雌。

配水池に向かいますよね。とりあえず。

ムギマキは昨日、そして今日は朝からいるもよう。

旧博物館裏を通るとカワラヒワが数羽。


旧 博物館を越えたあたりで、Iさんの奥様に出会い、日曜日のトラフズク、コミミズク騒動wについてお話し、ムギマキについて話を聞くと
人が多いよ~とのこと。

前回、飛騨の森でムギマキ雄成長が出たときは平日なのに50人はいたと聞いた。

今日は祝日だが、もう見ることすらできない?~と思いながら進む。

進むとS本さんが現れた!!

でてるで~すぐ撮れるとのこと。

まじか・・・・。
挨拶後 、これは急がねばと先に進む。

今日は、空堀にノジコ、飛騨の森にノゴマも出ているので人がバラけてくれてないかな~

到着すると撮影できるスペースがあった^^

ムギマキはいなかったけど・・・Orz

気長に待ってみよう。

20分くらいたったころに、やつが現れた。

ムギマキ雄成長(?才)

そして、さくっと消えた・・・Orz

そして、また少し時間が経つとやってきた。

今季初!!

うれしい。一番好きな鳥だけにうれしいな。

白い眉斑はじゃっかん薄めな印象の固体。はっきりした麻呂タイプではない。

後ろではオオルリ雌、オオルリ雄若、コサメビタキ、キビタキが飛んでいる。

モズの高鳴きも聞こえる。

ムギマキも見れたので、Yたん夫妻のいる空堀に行ってみた。

途中の博物館裏でエナガ複数とカワラヒワ複数と出会う。

空堀に到着すると、なんとノジコは朝に空堀から飛んでから見られていないとか。

まじか・・・。

かわりにノビタキが1羽いるとか!!

ノビタキ

今季初の出会い!!

いやうれしいな~。

その後、ノジコは神社裏で見られて、空堀方面に飛んでいったとの話も聞く。

いろいろ話をしていたら

Yたん奥さんが桜門上空通過の猛禽を発見。



撮影してみるも、ノビタキにあわしていた露出のため真っ黒Orz

ミラーレスが欲しくなる。

D700にあるファインダー内露出計はD500にないのか!?

(D500購入して1年以上たつような気がする・・・)

今度、表示方法などがあるのか、ニコンのショールームで聞いてみよう。



その場で露出を最大限に上げて現像。 チョウゲンボウだ。

桜門から修道館方面へ上空をチョウゲンボウが通過していった。

チョウゲンボウ 露出最大 & 拡大

その後もノジコは会えず。

またどこぞで会おう。

そういえば最後にあったのは雨の日の戸隠だったかな、と過去を振り返る。

大阪城公園、舳倉島、戸隠。一番出会ってるのは大阪城公園で。

空堀では他に、

石垣に忍者のように止まっているジョウビタキ雄に雌。

石垣上の木の枝にはエゾビタキ1羽。

を確認。

その後、ふらふらと配水地へ。

ムギマキ雄成長は出たり消えたり。

ムギマキ 成長 雄

そんななか、遠い木々の中になにやら不穏な動きをするヒタキが。

撮影してみるも、露出がムギマキ成長が出るあたりにあわしていたため、

めっちゃ露出高。

まっちろけのなかにやつがいた。

ムギマキ雄若。

ムギマキ 雄若

犯人はこいつか! 

と、狙いを定めるもなかなか出てこない。

20分越えたあたりで 動きが!!

今度はじっとしている。その後羽繕いを始める。

ゆっくり観察&撮影。

後ろではモズが高鳴き。

キビタキ雌も飛んでいる。

今日も大満足な一日だった。

ミヤマホオジロもそろそろ見に行こう。

あ、飛騨のノゴマ見るの今日も忘れた・・・・