2019/11/09 探鳥(花博記念公園鶴見緑地、大阪城公園) アカガシラサギ、ハヤブサ飛ぶ

本日も花博記念公園鶴見緑地にて探鳥。

まずは、アメリカヒドリを探す。

柵周りをすいすい泳いでいた。

アカガシラサギを探しにせせらぎの滝へ行くも不在。

そのままハスの池にいくも、カワセミは出て行った後。

お山に登るところでホオジロ系の声とルリビタキ。

ジョウビタキはハスの池など各所で見る。

日本庭園に向かう途中、上空でカラスがモビング。

トビとオオタカだ。

大池に戻りトイレにいってる間に、アカガシラサギが飛ぶ。

そしてあちこち飛ぶ。

帰り道、カラスが上空にいっぱい現れる。

先頭にはハヤブサ。

大阪城公園に移動。

途中、桜広場の キマユムシクイを待つも現れないので神社裏へ。

夕暮れで暗いがジョウビタキ雄とコマドリがでてくる。

本日の〆鳥はコマドリ雄。

昨日は大阪城公園でオオコノハズクが保護されたそうです。そしてエルゴトロンなどのモニターアームが届いた。

先日、運動も適度にしろと病院先生に言われたため、リハビリがてら花博記念公園鶴見緑地行って探鳥したところ、張り切り過ぎたせいか、連休は絶不調。

激痛のため家で寝込むはめに。

そんななか、連休明けの昨日は大阪城公園でオオコノハズクが保護されたそうです。

無事、元気になって野に放たれて欲しいですね^^

そういえば、あのトラフズクは無事逃げ切っているだろうか。

そう願う。

そんななか、以前に机の作業スペースを広げるために頼んでいたモニターアームが届いた。

モニターアーム

・センチュリー 21.5&27インチiMacモニター専用ガススプリング式モニターアーム CEN-IMAC-SV2

・エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム 45-241-026

早速、組立て&設置。

 

センチュリー 21.5&27インチiMacモニター専用ガススプリング式モニターアーム CEN-IMAC-SV2 を組み立て。

説明書どおりに組み立てていくとすぐ完成。

ネジを締めこむか緩めるかでアームの動きの調整と配線の取り回しをするくらい。根元のアームの配線をしまうプラスチックの蓋の爪がネジ止めワッシャーに引っ掛けるようになっているのだが、ひっかけるプラスチックの爪がすぐにわれた・・・Orz

半分折れてる爪
爪を引っ掛けるところのワッシャー

もうちょっと肉厚をつけるとかしっかり作って欲しい。←ここダメなところ。

単純に蓋閉めただけなんだけど、ひっかける場所が狂ったのかな。

瞬間接着剤でくっつけて、インシュロックで補強もしたから問題なさそう。

エルゴトロンはこのあたりしっかりしている。

さすがだ。

この製品もそれ以外は、いい感じ。

27インチiMac  が 中に浮く浮く。


センチュリー 21.5&27インチiMacモニター専用ガススプリング式モニターアーム CEN-IMAC-SV2
と iMac 27インチ

使用しないときは、上に持ち上げて机を広く使用。

さて、次は
エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム 45-241-026 の組立て。

こちらも説明書どおり組み立てるとすぐに組みあがる。

こっちは、モニター2台分のモニタースタンドをはずすくらいだ。

VESA規格対応してるよなとびくびくしながらはずす。

無事対応していた。

ネジで調整しなくても駆動はスムーズだったが、硬めに調節した。

配線はこの時点ではしていない。

2代目も完成。

2台のモニターアームはこんな感じ

不要なときは上に持ち上げて机を広く使用する予定。

でかい液タブよけないといけないが・・・。

配線はまだしていないので仮で場所設定。

配線後に、ここからすこしアームの取り回しを変えた。

iMacを持ち上げて机が広く使えるのが助かる。

配線終了後。

PS4とiTunes専用PCを設置して完成。

モニターが

1920 x 1080 (フルHD)

2560 x 1440 (WQHD)

3840 x 2160 (4K)

と、右のモニタ3台すべて解像度が違うという悲しさ。

すべて4Kにしたいな~。

またはDELLのデジタルハイエンドモニターにもう一台を合わせたい。

新型でて、もう売ってないからプレミア価格かOrz

壁なんとかせんとな~

2019/11/02 探鳥(花博記念公園鶴見緑地、大阪城公園) アカガシラサギ あっちに飛翔、こっちに飛翔。ついにルリビタキも。

朝ゆっくりめにアカガシラサギが出ていた花博記念公園鶴見緑地に行ってみることにした。

どこにいるだろうと地下鉄に乗りながら考える。

  花博記念公園鶴見緑地 ⇒ 地図

まぁ、大池だろうなと思いつつ、駅到着後てくてく歩く。

着いたら飛んだとこだったOrz

約1時間ほど待ってみるも帰ってこない。

人もまったくいなくなった。

どうもこの時間は、

緑のせせらぎのせせらぎの滝にアカガシラサギはいたようで、人はそっちに行っていたようだ。

まぁ、そんなことは知らないので探鳥。

日本庭園に行く途中でエナガ、ジョウビタキ雄

日本庭園ではジョウビタキ雌、カワセミ、マガモ、ハクセキレイ、アオサギ、コサギ

を観察。

パークゴルフ場のほうや山のエリアなどてくてく歩く。

あちこちでモズの高鳴きを聞く。

ジョウビタキも多い。

日本庭園に戻り、大池へ。

どうも大池にアカガシラサギは戻っていたようだが、また飛んで日本庭園のほうへいったようだと道中で聞く。

今しがた日本庭園にはいたが、飛んでくるのは見なかったな~。

見逃したか・・・。

日本庭園につくと、一人カメラマンがいたがいないと。

まぁちょっと探すかと思って池を見ると、

見えないとこから真上に白い物体が飛び上がる。

やつだ!!

優雅に飛び始めたかと思うと、スピードをつけて 旋回しつつまわりだす。

この鳥そういえば白色が多かった。

ちょっと忘れていたため、露出を少し失敗。

もう少しアンダーにするべきだった。

(予想していた設定はだいぶ近い正解値だったがもう少し踏み込みが必要だったようだ)

それでもそれなりには撮れる。

もともと飛翔を撮る予定だったので、大失敗にはならなかったようだ。

アカガシラサギ

アカガシラサギは飛んでいった。

その代わりにハイタカが頭上に飛んできた。

ぐるぐる周ってどこかにきえる。

約1時間ほどご飯を食べながら日本庭園に粘るがまったく飛んでこない。

お山のほうではキクイタダキやミヤマホオジロが出ていたようだ。

そっちに行くか、せせらぎの滝を1回見ておくか迷ったが、

せせらぎの滝 へ行くことに決める。

道中、大池を上から眺めると!?

おっとそばにアカガシラサギいるやん。

そっちに向かう。

カメラマンも5人ほど気づいたようで撮影を開始していた。

光が悪くうまく撮れないので、

飛んでいく、または飛んでくるのをまつことに。

カメラマンが鳥のほうに行くので、右へ左へ結構な距離を飛んでくれた。

私は真ん中ぐらいでのんびりと、少しだけ開けた場所で待つ。

何度かアカガシラサギの飛翔を撮影。

アカガシラサギ
アカガシラサギ

とりあえず撮れたので、大阪城公園へ行ってみることに。

飛騨の森に着くと誰もいない。

鳥もいない!?

あ、そろそろイベントが始まる時間か・・・。

Y氏に連絡してみるとルリビタキが何羽か今日は出ているそうな。

西の丸庭園にはこの時間から入る気にはなれないので、梅林の端っこへ。

キクイタダキとルリビタキ雄を見て撮って。大満足。

帰りに桜広場でジョウビタキ雌。

真暗な沖縄復帰の森で枝から地面に降りる行為を繰り返す鳥を発見。

ISO51200で撮影してみると、ジョウビタキ雌。

本日の〆鳥は ジョウビタキ雌 だった。

2019/10/30 探鳥(大阪城公園) 〆鳥はアトリ

散歩がてら教育塔から入城。

人工川でジョウビタキ雌雄とハクセキレイそれぞれ1羽がお出迎え。

カワセミはおらず・・・Orz

ピース大阪ではメジロ、シジュウカラ複数羽。

ヤマガラ、オオルリはおらず・・・Orz

沖縄復帰の森でキビタキ雌1羽。

射撃場跡~桜広場へ行くと、梅林でモズの高鳴き。

そのまま、一番櫓へ行くとキクイタダキ。

出てくるのをまっている人が多い。

5分ほど待って出てこなかったので、神社裏へ。

ジョウビタキ雌雄が現れる。

そして、久しぶりに元山さんと出会い、立ち話。

旧博物館裏でもジョウビタキ雌雄。

配水池東側でもジョウビタキ雌雄。

ヒマラヤスギではキクイタダキ5羽くらい。

キクイタダキ

キクイタダキが飛んでいったヒマラヤスギでモズの高鳴き。

モズ

配水池北側ではジョウビタキ雌雄。メジロ数羽。

ジョウビタキ

一羽飛んできて枝に止まり配水池の垣根に降りる。クロツグミに見えたが・・・。

神社裏に戻ってみるとキクイタダキ。3羽だろうか。

キクイタダキ
キクイタダキ
キクイタダキ

時々、スズメ、メジロも混じるため、居場所を見失う。

神社裏を後にし、市民の広場へ。

ここでもキクイタダキがいるそうだ。

私は見れず。

マミチャジナイが飛んでくるが、

私は見れず・・・Orz

飛騨の森にはノゴマがまだいるらしい。

今日は行かず。

神社裏に戻るとジョウビタキ雄1羽とアトリ1羽。

ジョウビタキ

大将とアトリを観察。

今季初アトリはうれしい。

本日の〆鳥はアトリ。

2019/10/27 探鳥(大阪城公園) キクイタダキ現る

所要で昼をまわってから登城。

今日は、神社東側でキクイタダキが出ているとのこと。

修道館裏、神社裏を通り神社東側へ。

通っているときに、ジョウビタキ雄が現れた。

神社東に行くと、キクイタダキがちょこちょこ動き回っている。

キクイタダキ

堀側ではムシクイとメジロ。キビタキ雌、ジョウビタキ雌も。

ムシクイ
ムシクイ

オオムシクイなんだろうか・・・

ネット調べていると P10といわれる 初列風切最外羽 と PCとよばれる 最長初列雨覆 との長さの差で判別できるとか・・・。

初列風切最外羽 がはっきり撮れている写真が一枚もなかった Orz

今日は配水地に行かなかったが、ムギマキはいたらしい。

ほとんど見れないとか。

ピース大阪まで移動する。

ピース大阪では、ムシクイとメジロ。

ムシクイ

オオルリは見れず。ヤマガラもいない。

どこへ・・・。

水流では、コサギ、カルガモ、コガモ。

ジョウビタキ雌。

教育裏を通って帰路へ。

2019/10/26 探鳥(大阪城公園) ムギマキ雄成長はまだいた。

久しぶりに飲んで早めに眠ってしまったので一日遅れで記事を書く。

昼前にピース大阪から入城すると、ピース大阪前にヤマガラ2羽が飛んでいる。

久しぶりにヤマガラを見る。

地面に降りたり、木に飛んでいったり。

オオルリもいたそうだが見ず。

実が減ってだんだんこなくなったとか。

沖縄復帰の森では、キビタキ雌1羽。そのまま桜広場へ。

桜広場から梅林を見ると、モズが1羽高鳴きをしている。

神社裏へ向かうと、モズ雌1羽が飛んできた。

その近くにホオジロらしき鳴き声。

一度だけ飛んで姿を現すもそのまま藪の中へ。

モズがいるから出てきにくいのか15分まっても出てこない。

あきらめて修道館のほうへ移動し、空堀を見てから桜門を通り旧博物館裏へ。

そこでは、ジョウビタキ雄雌が追いかけっこ。

樹上にはカワラヒワが複数。

配水地の東側へ向かうと、スズメとシジュウカラが水溜りで水浴び。

配水地北側ではムギマキがいたそうだが、ジョウビタキとキビタキ雌がたまに現れるだけ。コゲラ、メジロも現れる。

そのうち、ムギマキ雄成長が1羽現れてすぐに消える。

山里丸では、キビタキ雌、メジロ、ジョウビタキ雌。

飛騨の森ではノゴマの雄と雌。

用事のため早々に退散。

出会った鳥の初物

今回、2019/10/20 に出会ったトラフズクは大阪城公園で初観測・初撮影された鳥だった。

 ◆以下のブログにて内容が記載されている。

 ⇒ 2019/10/20 探鳥(大阪城公園) 久しぶりにトラフズクに出会う

 ⇒元山さんのブログ 「大阪城公園の野鳥 元山裕康のこんなん出てます!

元山さんが発行されている 「大阪城公園の野鳥」 に次回記載されると思うと感慨深い。

次は、大阪城公園にどんな鳥が来訪するのだろうか。

楽しみだ。

自分自身、どこどこ初となる鳥を観測・撮影するのは2回目で、

1回目は 2012/3/15 15:48 に宮古島市で観測・撮影したメンガタハクセキレイである。

 ◆以下のブログにて内容を記載している。

このときは、あの異様な顔^^を見たときに、ぞくっとした記憶がある。

デジスコにて撮影。

メンガタハクセキレイ
メンガタハクセキレイ
メンガタハクセキレイ
メンガタハクセキレイ

レンタルバイクで借りていた マジェスティ125に隠れて、短い時間だったが撮影した。

さすがにこんな鳥はそうそうでないので、

撮影後はすぐに宮古毎日新聞社へ行き、鳥を担当されている記者さんに宮古諸島で観測された野鳥リストから確認して頂いた。

この時点で宮古諸島では初観測・初撮影との話。

そのような話だったので、名刺とデータ(ホテルからメールで送信)を確認してくださった方にお渡ししてきた。

その日のオリオンビールは特にうまかったな~。

その後も何度か宮古島に行く機会はあったのだが、

この場所には必ず立ち寄ってしまう。

あ、2013年05月21日 夕方 大阪城公園で市民の広場のベンチで談笑してたときにK野さんが見つけたブッポウソウも 大阪城公園 初だった^^ 

次に出会う初物は!!

2019/10/23 探鳥(大阪城公園) ジュディ・オングみたいなムギマキ雄成長。他にムギマキ雌など

今日もリュックひとつで、ぶらぶらと歩きながら12時まわってから探鳥。

京橋口から飛騨の森を通り、まだ見ていなかったノゴマを見る。

人気者だ。

ノゴマを見ていると、ムギマキはまだいるよとのこと。(どもです)

まじか。

行かなければ。

飛騨の森を通り、愛の森を通り、極楽橋を渡り、山里丸を通り、配水地北側へ向かう。

今日は平日なので人も少ないだろうと思ったが、現地に着くと昨日より多いのでは・・・。

(祝日は、私が覗いた時間がたまたま少なかったからそう思っただけだったようだ。)

少ししたらムギマキ雄成長があらわれた。

まだいてくれてうれしい。

明日からは雨。

もう行ってしまうかな。

また、来年の春、または秋に会おう。

ぜひ会おう。

大阪城公園で待ってます^^

他にキビタキ雌やジョウビタキ雌雄、シジュウカラ、スズメ、コゲラ、メジロなど見ながらのんびりしていたらなにやらヒタキが出てきた。

ムギマキ雄若か!

はじめに撮った写真は腹の部分のみ。

薄い橙色だ。

雄若かな。

飛んだので撮影。

おっと雌。

ムギマキ 雌
ムギマキ 雌

これはうれしい。今季初^^

ムギマキ雄若と雌の識別については、

元山さんのブログ 「大阪城公園の野鳥 元山裕康のこんなん出てます!」 

元山さんのブログはこちら

の記事を見ていただくとわかりやすいと思います。

本日のムギマキ雌には外側尾羽の付け根付近が白色でない。

ムギマキ雌

ちなみに昨日のムギマキ雄若

昨日のムギマキ雄若

その後も何回もやってきてくれた。

前や横や上方向などいろいろ。

時間が経ち、時間も16時をまわり薄暗くなってきた。

もともと曇り空のためとても暗い。

人も数人。

ムギマキも出るかでないかわからない。

キビタキ雌がちらほらやってくる。2羽。

ちょっと真剣に撮影してみた。

キビタキ雌がやってくるので、いろいろと設定を変えて試写。

本命を待つ。

まぁそうすぐにはやってこない。

ムギマキ雌はやってくる。

雄成長はでない。

もう終わりかなと、思ったらやってきた。

一枚ぐらい狙った飛翔写真を撮りたい。

(狙わなくても連射撮影していると勝手に撮れていたりするのだが)

とりあえず正面顔飛翔が撮れた^-^

「ジュディ・オングみたいなムギマキ成長雄」

O野さんの奥さんに見てもらうと、

「ジュディオングみたい」

とコメントをいただいた。

タイトルに入れよう。

「ジュディ・オングみたいなムギマキ成長雄」と。

コメントありがとうごうざいます^^

手持ちでこれだけ撮れる今の機材ってすごいな~。

三脚あったら・・・・

実は三脚座つけてませんが、買ってしまったw

三脚座の使用用途がちょっと違うんですが。その話はまた違う記事で・・・。

さて、次登城するときにはムギマキは渡ってるかな~。

追記・・

一眼レフを久しぶりにメインで使用しているが、

どんだけ背景にピントもってかれるんだ・・・・

マニュアル調整がんばろう。

2019/10/22 探鳥(大阪城公園) ムギマキ雄成長に若など 

今日もリュックひとつで、朝風呂はいってから12時から探鳥。

ぶらぶらリハビリがてら歩いて大手門をくぐり、西の丸庭園に入るか悩みつつ空堀へ。

桜門あたりの空堀にカメラマンが多数。

今日もノジコがでているのか!!

ちょっとすぐ出てくるのかわからないので、そっちに行かず修道館から神社裏まで探鳥。

修道館裏ではコサメビタキが2羽。サメビタキには会えず。(市民の広場にいたらしい)

神社裏ではキビタキ雌1羽。神社東側ではコサメビタキ1羽、キビタキ雌1羽。

神社裏の石段で、ズボンに大量のひっつき虫みたいなのがついたため、

財布からJALのマイレージカードを取り出し、ひっぺがえしながらとる。

そんなことをしていたらケチャップ姉さんとお姉さま方が通りがかり、ムギマキ出てるよ~と教えていただく。どもです。

配水池に雄成長、若。沖縄復帰の森に雌。

配水池に向かいますよね。とりあえず。

ムギマキは昨日、そして今日は朝からいるもよう。

旧博物館裏を通るとカワラヒワが数羽。


旧 博物館を越えたあたりで、Iさんの奥様に出会い、日曜日のトラフズク、コミミズク騒動wについてお話し、ムギマキについて話を聞くと
人が多いよ~とのこと。

前回、飛騨の森でムギマキ雄成長が出たときは平日なのに50人はいたと聞いた。

今日は祝日だが、もう見ることすらできない?~と思いながら進む。

進むとS本さんが現れた!!

でてるで~すぐ撮れるとのこと。

まじか・・・・。
挨拶後 、これは急がねばと先に進む。

今日は、空堀にノジコ、飛騨の森にノゴマも出ているので人がバラけてくれてないかな~

到着すると撮影できるスペースがあった^^

ムギマキはいなかったけど・・・Orz

気長に待ってみよう。

20分くらいたったころに、やつが現れた。

ムギマキ雄成長(?才)

そして、さくっと消えた・・・Orz

そして、また少し時間が経つとやってきた。

今季初!!

うれしい。一番好きな鳥だけにうれしいな。

白い眉斑はじゃっかん薄めな印象の固体。はっきりした麻呂タイプではない。

後ろではオオルリ雌、オオルリ雄若、コサメビタキ、キビタキが飛んでいる。

モズの高鳴きも聞こえる。

ムギマキも見れたので、Yたん夫妻のいる空堀に行ってみた。

途中の博物館裏でエナガ複数とカワラヒワ複数と出会う。

空堀に到着すると、なんとノジコは朝に空堀から飛んでから見られていないとか。

まじか・・・。

かわりにノビタキが1羽いるとか!!

ノビタキ

今季初の出会い!!

いやうれしいな~。

その後、ノジコは神社裏で見られて、空堀方面に飛んでいったとの話も聞く。

いろいろ話をしていたら

Yたん奥さんが桜門上空通過の猛禽を発見。



撮影してみるも、ノビタキにあわしていた露出のため真っ黒Orz

ミラーレスが欲しくなる。

D700にあるファインダー内露出計はD500にないのか!?

(D500購入して1年以上たつような気がする・・・)

今度、表示方法などがあるのか、ニコンのショールームで聞いてみよう。



その場で露出を最大限に上げて現像。 チョウゲンボウだ。

桜門から修道館方面へ上空をチョウゲンボウが通過していった。

チョウゲンボウ 露出最大 & 拡大

その後もノジコは会えず。

またどこぞで会おう。

そういえば最後にあったのは雨の日の戸隠だったかな、と過去を振り返る。

大阪城公園、舳倉島、戸隠。一番出会ってるのは大阪城公園で。

空堀では他に、

石垣に忍者のように止まっているジョウビタキ雄に雌。

石垣上の木の枝にはエゾビタキ1羽。

を確認。

その後、ふらふらと配水地へ。

ムギマキ雄成長は出たり消えたり。

ムギマキ 成長 雄

そんななか、遠い木々の中になにやら不穏な動きをするヒタキが。

撮影してみるも、露出がムギマキ成長が出るあたりにあわしていたため、

めっちゃ露出高。

まっちろけのなかにやつがいた。

ムギマキ雄若。

ムギマキ 雄若

犯人はこいつか! 

と、狙いを定めるもなかなか出てこない。

20分越えたあたりで 動きが!!

今度はじっとしている。その後羽繕いを始める。

ゆっくり観察&撮影。

後ろではモズが高鳴き。

キビタキ雌も飛んでいる。

今日も大満足な一日だった。

ミヤマホオジロもそろそろ見に行こう。

あ、飛騨のノゴマ見るの今日も忘れた・・・・

2019/10/20 探鳥(大阪城公園) 久しぶりにトラフズクに出会う

今日はリュックひとつで、11時から探鳥。

桜門前の空堀でノジコが3羽とのこと。私は見ることができずOrz

空堀では他にジョウビタキ雄とコサメビタキ。

エゾビタキとオオルリ若もいたそうだが、その子達には会えず。

今期まだ見てないのでオオルリ若みたいな^^

修道館裏ではコサメビタキ2羽、キビタキ雌2羽。

サメビタキには会えずOrz

神社裏ではメジロ複数羽、キビタキ雌1羽、オオルリ雌1羽と出会う。

戻って桜門前の空堀へ。

ノジコには会えずOrz

西の丸庭園にニシオジロビタキだよ~とM山さん。どもです。

一緒に入るも行方不明。

いないなら探そうと、千貫櫓から順番に探すもいない。ふらふら~っと、迎賓館まできてもニシオジロビタキはおらず。

トイレ付近まで行くもおらず。

あわよくば、エゾビタキ!! もいないな~と思っていたら、カラスの声。

オオタカ か!

とりあえず先頭を探してみてみる。

白っぽい。なんだ? 、とカメラを向けてみる。

コミミズク ? ファインダー上小さくて顔がよくわからない。

コミミっぽいけど、大阪城公園で?

ひょっとしたら篭脱けのミミズクとか? (あんなに飛べなそうだが)

コミミと思うが後で確認しようとパシャパシャ。(合計100枚程度撮れていた)

2019/10/20 探鳥(大阪城公園) 久しぶりにコミミズクに出会う
2019/10/20 探鳥(大阪城公園)

カラスで空は真っ黒になってきた。

50羽前後いたんじゃなかろうか。

迎賓館の向こうから 千貫櫓 のほうへ、バチバチやりながら飛んでいく。

5分くらいはかかっていたと思う。

そのまま西の丸庭園から府警のほうへ抜けていく。

カラスにやられたのか、多くの尾羽が抜けていた。

うつぼ公園や難波の宮跡、隠れれる河川敷や、その他公園へ逃げて欲しいが。

元山さんに記録してもらおうと、あまり使用しないカメラ⇒スマホに撮影した画像を送る作業に苦戦しつつも、画像と状況を送信。電話もいただいたので詳しい状況をお話した。

元山さんのブログ ⇒ 大阪城公園の野鳥 元山裕康のこんなん出てます!

に、速報として取り上げていただきました。ありがとうございます^^

<追記開始:2019/10/21 16:20>

⇒元山さんの記事にトラフズクではないでしょうか?とのコメントがありました。

たしかに良く見ると、虹彩はオレンジに見えます。

早合点してしまったかな~T-T

トラフズクが飛んでいるところを今まで見たことがないため、ネットにあがっているトラフズクの画像を拝見しました。
判断基準じゃないのかもしれませんが、目の上から頭頂にかけての黒いラインもトラフズクにしかないように見えました。図鑑のトラフズクも黒いラインがあるな~。縦斑も太いように見える。

トラフズクなのか!!

それはそれでうれしい。

人生3度目のそして初めて飛んでいるトラフズクを見れたのか!!

はたして・・・。

以下、拡大した画像。

2019/10/20 探鳥(大阪城公園)

2019/10/20 探鳥(大阪城公園)

以前撮影した飛翔時のコミミズク(2016/12)と止まってるトラフズク(2011/12)。

勝手な思い込みでトラフズクはシュッとして細いイメージがあったけど、見返すと結構太めだった。

今は無き、 ニコン AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR で撮影
こちらはデジスコ!! 今回の写真は
ニコン AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR +
ニコン AF-S TELECONVERTER TC-14E III で撮影

<追記終わり:2019/10/21 16:20>

<追記始まり:2019/10/24 15:51>

トラフズク
トラフズク

千貫櫓付近は雲が多く、いた場所から遠くなった。

高低差、向きなどで若干大きさに差はあると思うが、カラスとの大きさの対比として画像をペタペタ

<追記終わり:2019/10/24 15:51>

<追記始まり:2019/10/23 20:53>

元山さんのブログ 「大阪城公園の野鳥 元山裕康のこんなん出てます!」

の「今日もムギマキ大人気!! 西の丸庭園で羽を探して。 2019.10.23」

の記事、コメントにて元山さんからコメントをいただきました。

カラスに追われていたのは、トラフズクで間違いないようです。

記事をトラフズクに修正します。

■以下、追加&削除

 元山さんから連絡があり、森之宮交差点で散乱していた羽は、ヤマシギだったそうです。以下の内容を削除します。

貴重なヤマシギが・・・。

トラフズクは無事逃げ切ったかな~

しかし、 森の宮交差点で羽が散乱していたとのこと。 カラスにやられてしまったのかな~。どこかで生き抜いていてくれればいいんだけど。

◆元山さんの上記ブログ記事の追加より引用します。

引用元: 「大阪城公園の野鳥 元山裕康のこんなん出てます!」


今日もムギマキ大人気!! 西の丸庭園で羽を探して。 2019.10.23」


羽に関心があり調べている方からメールあり。今回のトラフズクの件で、森の宮の具体的な場所など連絡したところ早速出かけて散らばった羽を収集したとの事です。
初列・次列は無く三列も無かったようだと。尾羽も含め主要な羽根は何処にあるのかとの事でした。
お願いです、西の丸庭園などで羽、尾羽? など目にしたらぜひ連絡をお願いいたします。
採集されるか、後で取りに行きます。具体的な場所などよろしくお願いいたします。

★西の丸庭園などで羽、尾羽? など目にしたら元山さんまでご連絡よろしくお願いします。私も行った際に探してみます。

<追記終わり:2019/10/23 20:53>

その後、 千貫櫓横でニシオジロビタキと会うことができた。

しかし、その後によった空堀では、ノジコには会えずOrz

久しぶりに探鳥に出かけ、大阪城公園内で コミミズク?トラフズクに会えるとは、今日は良い一日だった。 大阪城公園内ではあまり見れない種だけにうれしい。

あ、飛騨のノゴマを見るの忘れた・・・。