2019/11/30 探鳥(昆陽池、大和川) サンカノゴイがあっちへこっちへ。そして、オニアジサシにはふられるOrz

昼過ぎまでサンカノゴイを見に昆陽池へ。

なかなかな隙間から見るようなところから観察&撮影。

右へ左へ、奥へ前へ。

動きながら採餌。

魚を食べてるのは見えたが他には何を食べているのか。

久しぶりにサンカノゴイを見たが、こいつは好きな部類の鳥だ。

以前見つけたときは、結構遠かったので、

今回はそこそこ近くでゆっくり見れ結構うれしい。

前回、旅行時に見つけたときは、ムラサキサギが飛んでたので追っていたら、

降りた場所にサンカノゴイがたまたまいたようで、

ムラサキサギのキック食らって、飛び出した。

これが初対面。

その後は、

ティラピアを食っては飲み込んでいた。

あ~アボセットも行きたいが、今季は体調やら予定やら金欠やら無理だな^^

来期以降に期待w

オオワシもいいな^^

あ、最後によった大和川のオニアジサシはふられた Orz

変わりに、

以前撮影していた大量のエリグロアジサシの写真を家でみていたら、エリグロアジサシでなくベニアジサシを何枚か撮影していたのを発見w

まじか・・・Orz

キレンジャクいっぱい来てくれるかな?

体調不良にてなかなか鳥見にいけていない・・・Orz

張り切りすぎてはダメですね。

鳥の画像を整理しないといけないな~と、整理しているとキレンジャクのなった木のような画像がでてきた。

状況を思い出すと・・・

目的地に向けて荷物を持って市街地はずれの道路を歩いていたら、群れで飛んできて魔前方の木々に止まった。

撮りますよね。

寒すぎて誰も歩いていない人気のない市街地はずれの道&広場があるので、いつ飛ぶかわからないものの機材を組み立て。

組み立てには数分かかるので急ぐ急ぐ。

撮影したらっすぐに遠くに飛んでいく。

一眼レフカメラ持ってけば良かったOrz

(持ってった機材&生き抜く食料wもそれなりの重量なので、

長距離歩く前提でもって行きたくはなかったのですが)

今年の関西はどうかな~

レンジャクに、マヒワ!!

ハギマシコにオオマシコ!!

待ってます。

とある動画を見ていて・・・

石山本願寺と織田信長が戦った理由・・・

硝石だったのか!!( 理由は、諸説あるらしい )

カバヤ 日本の小鳥 第1集

カバヤの日本の小鳥 第1集がシークレット以外で売っていたため購入してみた。

ちなみに日本の小鳥 第1集のシークレットは手に入れていない。

シークレットは、メグロ のようだ。

◆1 ルリビタキ
◆2 カワセミ
◆3 ツバメ
◆4 ウソ
◆5 ウグイス
◆6 オオルリ
◆7 ヤイロチョウ
◆8 ヤマガラ
◆9 コノハズク
◆10 コマドリ

◆11 コゲラ
◆12 ベニマシコ
◆13 キクイタダキ
◆14 キセキレイ
◆15 メジロ
◆16 ミソサザイ
◆17 シジュウカラ
◆18 モズ
◆19 セグロセキレイ
◆20 スズメ

フィギュアの出来があまり好きではなかったので、いくつかは持っていたが

集める気はいままでなかった 。

が、あまりにお安かったので購入してしまった。

ちょっとフィギュア用コンテナをまた追加しなくてはいけないほどたまってきた。飾っているのも多いが、それ以上に保管分が・・・。

あ、

ちなみに  カバヤの日本の小鳥 第2集 ってのもあります。

ラインナップは、

◆♯1 アカショウビン
◆♯2 コルリ
◆♯3 キビタキ
◆♯4 ゴジュウカラ
◆♯5 ウズラ
◆♯6 マヒワ
◆♯7 イスカ
◆♯8 イソヒヨドリ
◆♯9 ニュウナイスズメ
◆♯10 アカゲラ

◆11 ノゴマ
◆12 ヒガラ
◆13 アカヒゲ
◆14 エナガ
◆15 アカコッコ
◆16 イカル
◆17 ミヤマホオジロ
◆18 イワツバメ
◆19 ホトトギス
◆20 ヤブサメ

で、シークレットが1つあるそうな。

シークレットは ミヤコショウビン !!

2019/11/02 探鳥(花博記念公園鶴見緑地、大阪城公園) アカガシラサギ あっちに飛翔、こっちに飛翔。ついにルリビタキも。

朝ゆっくりめにアカガシラサギが出ていた花博記念公園鶴見緑地に行ってみることにした。

どこにいるだろうと地下鉄に乗りながら考える。

  花博記念公園鶴見緑地 ⇒ 地図

まぁ、大池だろうなと思いつつ、駅到着後てくてく歩く。

着いたら飛んだとこだったOrz

約1時間ほど待ってみるも帰ってこない。

人もまったくいなくなった。

どうもこの時間は、

緑のせせらぎのせせらぎの滝にアカガシラサギはいたようで、人はそっちに行っていたようだ。

まぁ、そんなことは知らないので探鳥。

日本庭園に行く途中でエナガ、ジョウビタキ雄

日本庭園ではジョウビタキ雌、カワセミ、マガモ、ハクセキレイ、アオサギ、コサギ

を観察。

パークゴルフ場のほうや山のエリアなどてくてく歩く。

あちこちでモズの高鳴きを聞く。

ジョウビタキも多い。

日本庭園に戻り、大池へ。

どうも大池にアカガシラサギは戻っていたようだが、また飛んで日本庭園のほうへいったようだと道中で聞く。

今しがた日本庭園にはいたが、飛んでくるのは見なかったな~。

見逃したか・・・。

日本庭園につくと、一人カメラマンがいたがいないと。

まぁちょっと探すかと思って池を見ると、

見えないとこから真上に白い物体が飛び上がる。

やつだ!!

優雅に飛び始めたかと思うと、スピードをつけて 旋回しつつまわりだす。

この鳥そういえば白色が多かった。

ちょっと忘れていたため、露出を少し失敗。

もう少しアンダーにするべきだった。

(予想していた設定はだいぶ近い正解値だったがもう少し踏み込みが必要だったようだ)

それでもそれなりには撮れる。

もともと飛翔を撮る予定だったので、大失敗にはならなかったようだ。

アカガシラサギ

アカガシラサギは飛んでいった。

その代わりにハイタカが頭上に飛んできた。

ぐるぐる周ってどこかにきえる。

約1時間ほどご飯を食べながら日本庭園に粘るがまったく飛んでこない。

お山のほうではキクイタダキやミヤマホオジロが出ていたようだ。

そっちに行くか、せせらぎの滝を1回見ておくか迷ったが、

せせらぎの滝 へ行くことに決める。

道中、大池を上から眺めると!?

おっとそばにアカガシラサギいるやん。

そっちに向かう。

カメラマンも5人ほど気づいたようで撮影を開始していた。

光が悪くうまく撮れないので、

飛んでいく、または飛んでくるのをまつことに。

カメラマンが鳥のほうに行くので、右へ左へ結構な距離を飛んでくれた。

私は真ん中ぐらいでのんびりと、少しだけ開けた場所で待つ。

何度かアカガシラサギの飛翔を撮影。

アカガシラサギ
アカガシラサギ

とりあえず撮れたので、大阪城公園へ行ってみることに。

飛騨の森に着くと誰もいない。

鳥もいない!?

あ、そろそろイベントが始まる時間か・・・。

Y氏に連絡してみるとルリビタキが何羽か今日は出ているそうな。

西の丸庭園にはこの時間から入る気にはなれないので、梅林の端っこへ。

キクイタダキとルリビタキ雄を見て撮って。大満足。

帰りに桜広場でジョウビタキ雌。

真暗な沖縄復帰の森で枝から地面に降りる行為を繰り返す鳥を発見。

ISO51200で撮影してみると、ジョウビタキ雌。

本日の〆鳥は ジョウビタキ雌 だった。

2019/10/30 探鳥(大阪城公園) 〆鳥はアトリ

散歩がてら教育塔から入城。

人工川でジョウビタキ雌雄とハクセキレイそれぞれ1羽がお出迎え。

カワセミはおらず・・・Orz

ピース大阪ではメジロ、シジュウカラ複数羽。

ヤマガラ、オオルリはおらず・・・Orz

沖縄復帰の森でキビタキ雌1羽。

射撃場跡~桜広場へ行くと、梅林でモズの高鳴き。

そのまま、一番櫓へ行くとキクイタダキ。

出てくるのをまっている人が多い。

5分ほど待って出てこなかったので、神社裏へ。

ジョウビタキ雌雄が現れる。

そして、久しぶりに元山さんと出会い、立ち話。

旧博物館裏でもジョウビタキ雌雄。

配水池東側でもジョウビタキ雌雄。

ヒマラヤスギではキクイタダキ5羽くらい。

キクイタダキ

キクイタダキが飛んでいったヒマラヤスギでモズの高鳴き。

モズ

配水池北側ではジョウビタキ雌雄。メジロ数羽。

ジョウビタキ

一羽飛んできて枝に止まり配水池の垣根に降りる。クロツグミに見えたが・・・。

神社裏に戻ってみるとキクイタダキ。3羽だろうか。

キクイタダキ
キクイタダキ
キクイタダキ

時々、スズメ、メジロも混じるため、居場所を見失う。

神社裏を後にし、市民の広場へ。

ここでもキクイタダキがいるそうだ。

私は見れず。

マミチャジナイが飛んでくるが、

私は見れず・・・Orz

飛騨の森にはノゴマがまだいるらしい。

今日は行かず。

神社裏に戻るとジョウビタキ雄1羽とアトリ1羽。

ジョウビタキ

大将とアトリを観察。

今季初アトリはうれしい。

本日の〆鳥はアトリ。

2019/10/27 探鳥(大阪城公園) キクイタダキ現る

所要で昼をまわってから登城。

今日は、神社東側でキクイタダキが出ているとのこと。

修道館裏、神社裏を通り神社東側へ。

通っているときに、ジョウビタキ雄が現れた。

神社東に行くと、キクイタダキがちょこちょこ動き回っている。

キクイタダキ

堀側ではムシクイとメジロ。キビタキ雌、ジョウビタキ雌も。

ムシクイ
ムシクイ

オオムシクイなんだろうか・・・

ネット調べていると P10といわれる 初列風切最外羽 と PCとよばれる 最長初列雨覆 との長さの差で判別できるとか・・・。

初列風切最外羽 がはっきり撮れている写真が一枚もなかった Orz

今日は配水地に行かなかったが、ムギマキはいたらしい。

ほとんど見れないとか。

ピース大阪まで移動する。

ピース大阪では、ムシクイとメジロ。

ムシクイ

オオルリは見れず。ヤマガラもいない。

どこへ・・・。

水流では、コサギ、カルガモ、コガモ。

ジョウビタキ雌。

教育裏を通って帰路へ。

2019/10/23 探鳥(大阪城公園) ジュディ・オングみたいなムギマキ雄成長。他にムギマキ雌など

今日もリュックひとつで、ぶらぶらと歩きながら12時まわってから探鳥。

京橋口から飛騨の森を通り、まだ見ていなかったノゴマを見る。

人気者だ。

ノゴマを見ていると、ムギマキはまだいるよとのこと。(どもです)

まじか。

行かなければ。

飛騨の森を通り、愛の森を通り、極楽橋を渡り、山里丸を通り、配水地北側へ向かう。

今日は平日なので人も少ないだろうと思ったが、現地に着くと昨日より多いのでは・・・。

(祝日は、私が覗いた時間がたまたま少なかったからそう思っただけだったようだ。)

少ししたらムギマキ雄成長があらわれた。

まだいてくれてうれしい。

明日からは雨。

もう行ってしまうかな。

また、来年の春、または秋に会おう。

ぜひ会おう。

大阪城公園で待ってます^^

他にキビタキ雌やジョウビタキ雌雄、シジュウカラ、スズメ、コゲラ、メジロなど見ながらのんびりしていたらなにやらヒタキが出てきた。

ムギマキ雄若か!

はじめに撮った写真は腹の部分のみ。

薄い橙色だ。

雄若かな。

飛んだので撮影。

おっと雌。

ムギマキ 雌
ムギマキ 雌

これはうれしい。今季初^^

ムギマキ雄若と雌の識別については、

元山さんのブログ 「大阪城公園の野鳥 元山裕康のこんなん出てます!」 

元山さんのブログはこちら

の記事を見ていただくとわかりやすいと思います。

本日のムギマキ雌には外側尾羽の付け根付近が白色でない。

ムギマキ雌

ちなみに昨日のムギマキ雄若

昨日のムギマキ雄若

その後も何回もやってきてくれた。

前や横や上方向などいろいろ。

時間が経ち、時間も16時をまわり薄暗くなってきた。

もともと曇り空のためとても暗い。

人も数人。

ムギマキも出るかでないかわからない。

キビタキ雌がちらほらやってくる。2羽。

ちょっと真剣に撮影してみた。

キビタキ雌がやってくるので、いろいろと設定を変えて試写。

本命を待つ。

まぁそうすぐにはやってこない。

ムギマキ雌はやってくる。

雄成長はでない。

もう終わりかなと、思ったらやってきた。

一枚ぐらい狙った飛翔写真を撮りたい。

(狙わなくても連射撮影していると勝手に撮れていたりするのだが)

とりあえず正面顔飛翔が撮れた^-^

「ジュディ・オングみたいなムギマキ成長雄」

O野さんの奥さんに見てもらうと、

「ジュディオングみたい」

とコメントをいただいた。

タイトルに入れよう。

「ジュディ・オングみたいなムギマキ成長雄」と。

コメントありがとうごうざいます^^

手持ちでこれだけ撮れる今の機材ってすごいな~。

三脚あったら・・・・

実は三脚座つけてませんが、買ってしまったw

三脚座の使用用途がちょっと違うんですが。その話はまた違う記事で・・・。

さて、次登城するときにはムギマキは渡ってるかな~。

追記・・

一眼レフを久しぶりにメインで使用しているが、

どんだけ背景にピントもってかれるんだ・・・・

マニュアル調整がんばろう。

家をでたらジョウビタキ

タイトルどおりですが・・・

朝、家をでてすぐの地面で黒くみえるヒタキが芋虫をついばんでいた。

キビタキ雄かな? こんな街中に珍しいと思いつつ、

そのまま駅に向かって歩いていくと近くに飛んできたので確認。

ジョウビタキ雄だった。

こんなところで今季初の冬鳥にあえるとは^-^

これからバリウム飲んで回されるから憂鬱だな~と思っていたが、気分が晴れたね。( その後、バリウム飲んで回されて[実際は、自力でまわる分もある]、空気が足りないと追加で発泡剤を飲むことになり撃沈)

今週はお城に行ってみよう。

晴れるかな?

2019/09/26 探鳥(大泉緑地公園)



今日も、リハビリがてら大泉緑地公園を探鳥開始。

昨日より快晴。

相変わらずカワセミが手強いが、短い時間だったが今日は比較的見やすい位置にでてくれた。しかし、日陰と日なたの境目に・・・Orz

快晴になったらまた来よう。

鳴かない飛ばない状態になったのでさくっと場所を離れ、散策。


ハクセキレイ、 エゾビタキ、キビタキ、オオルリ、コサメビタキ、カワラヒワなどなどが現れる。遠くにトビ。

鷹の渡りでも!

と思ったがそうは甘くなかった。

移動後、ベンチにすわった直後、目の前の芝生の部分に一羽が舞い降りる。

??

カメラもリュックの中。

双眼鏡で確認すると、おっとタシギ。 

久しぶり。

だがしかし、周りにはカラスが十羽+αたむろっている。

十秒くらいは地面をつついていたが、

すぐにカラスに襲われる。

飛んでいった、と思ったら戻ってきてまた飛んでいった。

いい飛びっぷり。

その後、きれいなオオルリ雄を見て、探鳥終了。

晴れたらまた行こう。



2019/09/25 探鳥(大泉緑地公園)



リハビリがてら大泉緑地公園を探鳥開始。

晴れているので暑い。

相変わらずカワセミが手強い。

消えるとどこに行ったのかわからない。

そのまま一日でてこないこともあるので、

散歩しながら要所要所探してみる。

公園の反対側で遭遇。

そして数度飛翔してくるもそのうちまた姿が消える。

なんとなく見上げてみると1羽で鳥がひらひら飛んでいる。

何度も何度もフライングキャッチ。

サンコウチョウが1羽。

そして、目の前にカワセミ?、いやいや色が違うしと思ったらエゾビタキが水面にダイブ。

虫でもいたのかな?

あとはキビタキ、オオルリを見て終了。

平坦で、歩きやすい公園なのでまた来よう。