NIKON 三脚座リング RT-1 を AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR につけてみる

とうとう買ってしまった。

三脚座リング RT-1

三脚座リング RT-1
三脚座リング RT-1
三脚座リング RT-1
三脚座リング RT-1

実際、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRにはいらないかなと思っていたので購入は考えていなかった。

このレンズの手振れ補正も結構強烈なので^^

また、暗いところの撮影は、デジスコでいいしとも思っていた。

だが最近は、デジスコが今は使えないためだんだんと必要かな~と思い始めてた。

それ以外にも首掛けストラップも、ショルダーストラップやサスペンダータイプに変えたいな~と思い始めていて、ストラップ固定のためにねじ穴がそっちにも必要ではと・・・。(実際は一箇所でよいので、カメラ底のねじ穴だけでよかったが)

ストラップの取り付けねじをはずせば、三脚や一脚も使えるようになるし・・・購入するか。
で、購入しレンズに装着。

AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR  、 RT-1
AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR  + RT-1

装着して、三脚座上に向けたら・・・・

両ねじのアダプター買ってきたら、照準器つくよね・・・とか別の案が思い浮かんできたり・・・(アクセサリーシュー装着でいいだろ!!)

次回、ショルダーストラップの記事へ続く。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

RSS
YouTube
YouTube