MAC BOOK PRO 2013 LATE SSD交換作業動画

MAC BOOK PRO 2013 LATE SSD交換作業動画

をYOUTUBEにアップしてみた。

同型の嫁さんのMAC BOOK PRO 2013 LATE もそのうちSSD交換

するはずなので防備録として。

★作業対象 ★

【ノートPC】 MAC BOOK PRO 2013 LATE

【OS】 MAC OS MAVERICKS → MAC OS CATAKINA に変更

【SSD】 内蔵120GB SSD(購入時のデフォルト) → Transcend 240GB(※ )

※MAC BOOK PRO 2013 LATE の SSD交換作業(Transcend Mac専用SSD 240GB アップグレードキット MacBook Pro/MacBook Air/Mac mini/Mac Pro 用 【NVMe 高速モデル】 TS240GJDM850)

スワロフスキー Swarovski 2019年プロモーション品 スマートフォンレンズセット 5493075

以前に嫁さんが手に入れていたSwarovski のスマホ用レンズ。

今回自分用にもひとつ手に入れてみた。

レンズは、魚眼、マクロ、ワイド、万華鏡みたいな感じ 

の4点。ワイドとマクロは収納時に結合されていた。

まずは、万華鏡レンズ

なんともおもろい画像が取れる。

ジャンルとしては宙玉のような感じか。

以前に撮った 宙玉  画像 ↓

次はワイド+マクロ

(手あれがひどい・・・ クリーム塗らないといけない季節)

そして魚眼

いまのスマホケースがごっついのでクリップではさみづらく、

きっちりつければもっときれいに面白く撮影できるのかもしれない。

たまに使ってみよう。

昨日は厄日か!!MAC BOOK PROのSSDとツーリング写真データ保管用HDDが壊れる・・・

一昨日からROBOCOPYでツーリングやら旅行やらの今まで鳥貯めた鳥以外の写真のバックアップを取っていたのだが、昨日朝起きると無事完了していた。

そのままバックアップ元のデータのファイルを触ろうとすると、I/Oエラー・・・。

そのままエクスプローラがフリーズ。

タスクマネージャだして、強制終了して再起動を試みるも、

シャットダウン時の途中で数十分くるくる状態。

起動まで行かず。

しゃーなしに電源長押しで強制OFF。

その後、ONするとそのドライブは認識しいていない状態。

管理画面から確認してもディスク自体認識できていない。

まじか・・。

HDD制御装置が逝ったか・・・。

円盤ガリったか!

不良セクタか・・・。

何が起きた!!

認識していないからパソコンのふた開けて、HDDを取り出す。

こいつにはSSD1台とHDD4台挿していた。

HDDが1台表示されていない

HDD内わけはTOSHIBA3台と Western Digital  1台。

今回壊れたのは Western Digital のHDD 。

(以前に友人から貰い、さらにそこから大量の画像ファイルを扱っていたので、使いすぎて故障は仕方ないと思うが)

ちなみに前回壊れたときはTOSHIBAとSEAGATE。

日立の HGST は数台使用しているがいまだに壊れない。

日立はWestern Digital に事業をうっちゃったんだよな~。

まぁ壊れたといっても、制御板関連が壊れることはあまり経験したことがない。(これは、部品交換でもしないと復旧できなそうな故障)

だいたいはセクタ不良。

今回もそんな感じ。

さっそくHDDをはずして外付け箱につけてUSB3.0接続を行う。

もちろんこれで ↓

玄人志向 HDDスタンド USB3.0接続 KURO-DACHI/CLONE/U3

直挿しはこんなとき便利だ。

さくっとドライブが認識したが、やはりファイルを見ていると途中でフリーズ。

仕方ないのでチェックディスクをコマンドプロンプトから行う。

かかった時間は15時間くらいだろうか。

不良セクタがいくつかみつかり、復旧と次回そのセクタを使用しないように記録しておいてくれる。

一段落した。

しかし、その日の夜。

MAC BOOOK PROを使用してYOUTUBEをつけていたら、

見ていない間に・・・・モニターが切れ、キーボードが光っている状態になっていた。

???

キーは受け付けない。何もモニタに映らない。

仕方ないので、電源ボタン長押し。

・・・・・・・・・・

フォルダに?のついたアイコンが点滅。

SSD逝ったのか・・・。

とりあえず現在の状態を調べるために、

インターネット復旧を試みる。

家の無線LANのWIFIに接続するも、うまくいかずデータのダウンロードができない。

WIFI接続先は2つ用意しているが、どちらもだめ。

あ、

そういえば

iMacで同じ子と行ったときもダメだったことを思い出した。

無線の規格(セキュリティ?)で使用できるできないとかだったような。

以前は、iPhoneのテザリングで行った記憶がある。

今回もやってみる。

iPhone6sを使用してインターネット共有ONでテザリング。

問題なく処理が進む。

(ただし、モバイル接続のパケットがめっちゃ使われて、月間使用量を超えたメールがやってきたOrz 危険であるので注意!!)

起動したので、ディスクユーティリティでディスクを確認・・・・・

存在していないようだ  Orz

やはりSSDが逝ってしまった。

まぁ2013 Lateだから買ってから6年くらいになるのか。

SSD5年保障とかで売ってるのもあるからそんなものか。

SSDないと使用できないのでこれを購入しないといけない ↓

Transcend Mac専用SSD 240GB アップグレードキット MacBook Pro/MacBook Air/Mac mini/Mac Pro 用 【NVMe 高速モデル】 TS240GJDM850

しかーし、この高速バージョンを使うにはいくつかの縛りがある。

高速版でない 820  などはそのまま使えるようだが。

買うなら早いほうがいいだろうと思いこっち( TS240GJDM850 )にした。

以下が縛り内容。

【ご購入に際しご確認ください】
【ご注意ください】Transcend M.2 SSD 外付けケース TS-CM80S は規格が異なる為互換性はありません。

・ JetDriveシリーズは、特定のMacコンピュータモデル向けSSDです。
・ ご使用のMacに対応しているモデルを選定ください。
・ 一部、規格上ご使用いただけないモデルがございますので下記をご注意ください。

① JetDrive 850/JetDrive 855はmacOS High Sierra (10.13)以降の機器のみに対応しています。
  取り付ける前にmacOSをHigh Sierra (10.13)にアップグレードしてください。
  このアップグレードができない場合はJetDrive 820/JetDrive 825をご利用ください。

② 既設SSDが1TBの場合、JetDrive 825とJetDrive 855はご利用いだたけません。
  他容量のSSDよりも寸法が大きいため、JetDrive 825とJetDrive 855の筐体と互換性がありません。

③ 11-inch MacBook Air Early 2015の既設SSDはmacOS 10.13のみに対応しています。
  外付けストレージとして使用する場合もにmacOS 10.13以降の機器での対応となります。

④ JetDrive 500の480GB/960GBモデルは機器側の制限により、11-inch MacBook Air Late 2010に対応しておりません。

その他、ご購入前のご相談、ご購入頂いた商品の不具合やご使用方法についてご不明な点が御座いましたらお気軽にトランセンド カスタマーサポートにご相談ください。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07DCL8WJ8/ref=ppx_od_dt_b_asin_title_s00?ie=UTF8&psc=1

とりあえず、自分にはこの縛りがネック。

macOS High Sierra (10.13)以降の機器のみに対応しています。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07DCL8WJ8/ref=ppx_od_dt_b_asin_title_s00?ie=UTF8&psc=1

MAC BOOK PRO 2013 Lateは、OSがOS X Mavericksなのだ。

OS X Mavericks
OS X Yosemite
OS X El Capitan
macOS Sierra
macOS High Sierra
macOS Mojave
macOS Catalina

https://ja.wikipedia.org/wiki/Mac_OS

最新は、macOS Catalinaだが、macOS High Sierraも、mac book proに内蔵されているリカバリーOSは OS X Mavericks なので4つも新しいOSである。

そのため、

macOS High Sierra 以上のOSをtime machineで入れる必要がある。

(他にも方法はあるかもしれないが)

しかし・・・

このMACBOOK PROの time machine で取得したバックアップデータなのだが、消してしまったような気が・・・

以下を買えば問題ないのだが、速度が2倍くらい違うとか聞くと速いほうが欲しくなる。

↓ 問題なく使えるほう。

Transcend Mac専用SSD 240GB アップグレードキット MacBook Pro/MacBook Air/Mac mini/Mac Pro 用 TS240GJDM820

う~ん、どうやって上位のOSをインストールするか。

CDやDVDから、OSダウンロードして入れれば問題ないができるのか。

と思ってぐぐったら、MAC OSをUSBに入れてインストールできるようだ。

もしかしていけるかも!!

通常では、MACに入っているリカバリー用OSのバージョンが古くて、 TS240GJDM850 を認識できないが、新しいOSのインストーラならドライバなども入っていていけそうな気がしてきた。

さてさっそく、iMacでMacOS CatelinaのインストーラーをUSBメモリに作成。(16GBのUSBメモリを使用)

その間に、SSD交換作業

これは楽チンな構造だった。

このとき、ほんとはバッテリーをはずすことが大事だと思うが、

なかなかコネクタが外れず、説明書にもはずせと書いていなかったので、

そのまま交換した。

メーカーの公式ホームページのFAQには、はずせと回答があったが・・・

SSDが逝っていないことを願う。

ふたをして、いざMAC OSインストールへ。

そして、USBメモリをMAC BOOK PROに挿してOPTIONキーを押して起動。

お、認識した!!

USBのインストーラより起動。

すかさず、ディスクユーティリティーで パーティションマップ を変更し、フォーマットも指定して初期化。

そのままOSインストールへ。

無事、インストール終了。

長い長い戦いだった。。。

youtubeに作業工程をアップしてみた

エポック社 カプセル FOストラップシリーズ「鳥」

調子も良くなってきたので、そろそろ鳥見がしたい…

ひょんなことから、タイトルの鳥フィギュアを手に

入れることになったのだが、

そもそもこのシリーズをまったく知らなかった。

はじめ見たときは、北海道ランドのシリーズと間違っていたOrz

ツバメがまったくどのシリーズかわからず調べた結果、 実際は

エポック社 カプセル FOストラップシリーズ「鳥」

だったのだ。

2012年1月発売開始の商品みたいだ。

ラインナップは、以下の6種類。

(シークレットはあるのだろうか?? 調べているとなさそうだが)

1.オオワシ
2.ハクチョウ
3.シロフクロウ
4.ツバメ
5.スミレコンゴウインコ
6.カワセミ

ちなみに手持ち分は、以下の3種。

ハクチョウとカワセミはちょっと集めたいな~。

オオワシ
シロフクロウ
ツバメ

そういえば、オオワシが湖北に来ているので12月になったら今年は見に行ってみよう。

OM-D E-M5 Mark III 2019年11月22日 発売!!

NIKON Z50と同日に、オリンパスのOM-D E-M5 Mark IIIが発売される。

OM-D E-M1 Mark II は欲しかったが、

重量があるので、またカメラマウントを痛める、レンズをとめている部品が磨耗してレンズがいつのまにか外れているといったことになりそうだったので敬遠してしまっていたのだが、

こいつは違う。

軽い!!

質量約414g(CIPA準拠 付属充電池およびメモリーカード含む、アイカップなし)
約366g(本体のみ)

SONY α6500 や NIKON Z50 より軽いのだ。

従来の金属BODYからプラBODYになったおかげだそうだが、

軽量化は大歓迎だ。

それでいて、 OM-D E-M1 Mark II ゆずりの機能。

そして、

以下の2大キャンペーンでキャッシュバックとバッテリーがもらえるようだ。

OM-D E-M5 Mark III・OLYMPUS PEN E-PL10 発売記念キャッシュバックキャンペーン!

OM-D E-M5 Mark III・OLYMPUS PEN E-PL10 発売前購入宣言キャンペーン!!

宣言はとりあえずしてみたが。。。

キレンジャクいっぱい来てくれるかな?

体調不良にてなかなか鳥見にいけていない・・・Orz

張り切りすぎてはダメですね。

鳥の画像を整理しないといけないな~と、整理しているとキレンジャクのなった木のような画像がでてきた。

状況を思い出すと・・・

目的地に向けて荷物を持って市街地はずれの道路を歩いていたら、群れで飛んできて魔前方の木々に止まった。

撮りますよね。

寒すぎて誰も歩いていない人気のない市街地はずれの道&広場があるので、いつ飛ぶかわからないものの機材を組み立て。

組み立てには数分かかるので急ぐ急ぐ。

撮影したらっすぐに遠くに飛んでいく。

一眼レフカメラ持ってけば良かったOrz

(持ってった機材&生き抜く食料wもそれなりの重量なので、

長距離歩く前提でもって行きたくはなかったのですが)

今年の関西はどうかな~

レンジャクに、マヒワ!!

ハギマシコにオオマシコ!!

待ってます。

とある動画を見ていて・・・

石山本願寺と織田信長が戦った理由・・・

硝石だったのか!!( 理由は、諸説あるらしい )

カバヤ 日本の小鳥 第1集

カバヤの日本の小鳥 第1集がシークレット以外で売っていたため購入してみた。

ちなみに日本の小鳥 第1集のシークレットは手に入れていない。

シークレットは、メグロ のようだ。

◆1 ルリビタキ
◆2 カワセミ
◆3 ツバメ
◆4 ウソ
◆5 ウグイス
◆6 オオルリ
◆7 ヤイロチョウ
◆8 ヤマガラ
◆9 コノハズク
◆10 コマドリ

◆11 コゲラ
◆12 ベニマシコ
◆13 キクイタダキ
◆14 キセキレイ
◆15 メジロ
◆16 ミソサザイ
◆17 シジュウカラ
◆18 モズ
◆19 セグロセキレイ
◆20 スズメ

フィギュアの出来があまり好きではなかったので、いくつかは持っていたが

集める気はいままでなかった 。

が、あまりにお安かったので購入してしまった。

ちょっとフィギュア用コンテナをまた追加しなくてはいけないほどたまってきた。飾っているのも多いが、それ以上に保管分が・・・。

あ、

ちなみに  カバヤの日本の小鳥 第2集 ってのもあります。

ラインナップは、

◆♯1 アカショウビン
◆♯2 コルリ
◆♯3 キビタキ
◆♯4 ゴジュウカラ
◆♯5 ウズラ
◆♯6 マヒワ
◆♯7 イスカ
◆♯8 イソヒヨドリ
◆♯9 ニュウナイスズメ
◆♯10 アカゲラ

◆11 ノゴマ
◆12 ヒガラ
◆13 アカヒゲ
◆14 エナガ
◆15 アカコッコ
◆16 イカル
◆17 ミヤマホオジロ
◆18 イワツバメ
◆19 ホトトギス
◆20 ヤブサメ

で、シークレットが1つあるそうな。

シークレットは ミヤコショウビン !!

NIKON Z50 発売日予定日決定

そういえば、NIKONの ニコンDXフォーマットミラーレスカメラ Z 50 の発売予定日が決定していましたね。

2019年11月22日発売予定

だそうです。

Kさんは欲しい単焦点の軽いZレンズがないので、

今は

見送る予定。

そのうちレンズラインナップも出揃い、

値段もこなれたら買ってみたい。

α6500より3g軽いんだ。

【質量比較】

NIKON Z50

 約450g

  ※ バッテリーおよびSDカードを含み、ボディーキャップを除く。

・ NIKON D500
 約860g

  ※ バッテリーおよびXQDメモリーカードを含み、ボディーキャップを除く。

・SONY α6500
  約453g

   ※ バッテリーおよびメモリーカードを含む。

すくすく育つ小笠原西之島

関西でもデータなど見ていると地震って多いんですね。

感じないだけで。

気象庁の震度データベース検索

災害・地震情報共有速報 LIVE

地震といえば火山。

火山といえば、小笠原西之島だなと思い検索。

知らん間にでかくなってるし、一等三角点とか建てている。

上陸もしているんだな。

調べていると、

オナガミズナギドリの雛や卵、多くの成鳥が見つかっていたり、

アオツラカツオドリも群れでいたりするそうな。

うれしいね~。

そのうち母島、または父島くらい大きくなって欲しい。

何十年後、何百年後かな?



怪しいショートメールが届く!! 『お客様宛にお荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。 下記よりご確認ください。 ・・・

あからさまに怪しいのでさくっと削除。

これって、間違ってあけてしまいそう。

皆様、ご注意を!!

09036908374

調べると、

偽物の佐川急便のHPのようなところに飛ぶそうです。

電話すると、高齢者以外は切られるそうですね。

詐欺なんかの情報収集でしょうか。

アカガシラサギの幼鳥、第1回冬羽、第1回夏羽、成長冬羽、成長夏羽って?

昨日のアカガシラサギは、魚を食べてふっさふさに。

アカガシラサギ
アカガシラサギ

そういえば、

アカガシラサギの幼鳥、第1回冬羽、第1回夏羽、成長冬羽、成長夏羽って?

wikipediaには細かいことが書かれていないし、手持ちの図鑑にも書かれていない。

昨日探鳥後、いきつけのカレー屋で弁当屋さんとカレーを食べながら調べていると、
香川の野鳥を守る会 さんのアカガシラサギの識別に関するページ(香川の野鳥ファイル No.36)が検索にHit!!

参考にさせていただきました。(アカガシラサギの幼鳥、第1回冬羽、第1回夏羽、成長冬羽、成長夏羽 識別の参考にしてみてはいかがでしょうか)

記載内容の識別ポイントから、花博記念公園鶴見緑地のアカガシラサギを判断すると

アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ

・ 初列風切の先端が褐色である

・ 上嘴の全体が暗色である

・成鳥夏羽の鮮やかな色ではない

・11月 撮影

という点より識別してみる。

また、成長 夏羽⇒冬羽 に換羽した画像(京都 大覚寺 2014年)をみると頭から首にかけて、のどの通り道は白ぽく見えるものの他は白くない。(色が着いている)

花博記念公園鶴見緑地の個体はところどころ白っぽい。

そんなところから、

第 1 回冬羽、または幼鳥⇒ 第 1 回冬羽 に移行中といったところだろう。

どこまでが幼鳥なのかわからん。

(2017年1月の固体と比べるとだいぶ若く見える)

以下、wikipediaより引用。


鳥類学用語としての幼鳥(ようちょう、英語juvenile)は、多くの場合、孵化して羽毛が生え揃った後、第1回換羽を終えるまでの時期にある鳥を指し[要出典]、すなわち、生まれたてで羽毛が生え揃っていない段階にある(ひな、英語:chick)よりは成長しており、身体的には成鳥(せいちょう、英語:adult)と遜色ない成長を遂げた段階にある若鳥(わかどり、英語:immature)よりは幼い段階にある鳥を意味する。もっとも、は巣立ち前の幼鳥および若鳥全般を指す場合もあって用法は一貫せず、こちらの場合には、幼鳥は雛の成長段階の一つということになる。さらには、群れの全個体数に対する未成熟個体(飛翔能力等を有する、いわゆる「若鳥」を含む)の比率を意味する幼鳥率(ようちょうりつ)という用語があるように、「未成熟な成長段階にある鳥」を総称する場合もある[3]上、幼鳥率の対象とする「幼鳥」が「巣立った後の鳥(親鳥からはすでに自立しているが、成熟しきってはいない鳥)」である場合も多い[4][5][6]ので、結論としては、確かに定義するには例外が多すぎる、と言わざるを得ない。これらの用語については「鳥類用語#繁殖」の一覧も参照のこと。

幼鳥
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%BC%E9%B3%A5

ちなみに、この夏羽の個体は以下の点から第1回夏羽の 個体 のようだ。

・ 初列風切羽の軸に褐色が残る

・ 夏羽の鮮やかな色 である

・嘴の先端が上下が黒く、他はほぼ黄色

アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ

成長夏羽の羽は真っ白とのこと。( 成鳥冬羽 の時点で翼は白色)

成長夏羽のアカガシラサギの画像を見ていると確かに真っ白な翼。


こちらはさすがに撮影時期が1月と考えると幼鳥ではなく第1回冬羽なんだろうか。

アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ

2019/11/09 探鳥(花博記念公園鶴見緑地、大阪城公園) アカガシラサギ、ハヤブサ飛ぶ

本日も花博記念公園鶴見緑地にて探鳥。

まずは、アメリカヒドリを探す。

柵周りをすいすい泳いでいた。

アカガシラサギを探しにせせらぎの滝へ行くも不在。

そのままハスの池にいくも、カワセミは出て行った後。

お山に登るところでホオジロ系の声とルリビタキ。

ジョウビタキはハスの池など各所で見る。

日本庭園に向かう途中、上空でカラスがモビング。

トビとオオタカだ。

大池に戻りトイレにいってる間に、アカガシラサギが飛ぶ。

そしてあちこち飛ぶ。

帰り道、カラスが上空にいっぱい現れる。

先頭にはハヤブサ。

大阪城公園に移動。

途中、桜広場の キマユムシクイを待つも現れないので神社裏へ。

夕暮れで暗いがジョウビタキ雄とコマドリがでてくる。

本日の〆鳥はコマドリ雄。

2019/11/08 探鳥(花博記念公園鶴見緑地)見るの忘れてたアメリカヒドリを見ていたらアカガシラサギが飛びながら横切っていった。


大阪城公園ではコマドリがでてるみたいなのでちょっと気になりつつも 、お昼から散歩がてら花博記念公園鶴見緑地へ。

到着して大池を見るとアカガシラサギは見えない。

カメラマンもいない。

それならばと、アメリカヒドリを見に行く。

自転車でカモに餌をやっていたおっちゃんと話すと今日はカメラマンがほとんどいないとか。いつもならアカガシラサギを撮りに来ているカメラマンがいっぱいいるとのこと。

もうアカガシラサギはどっかいったのか?

カラスのことなどいろいろお話した後に、移動。

カモの群れを見たら、アメリカヒドリをさくっと見つけた。わかりやすい子だ。

少し撮影したら、声をかける人が。

Hさんだった。

けっこういろいろな場所で会いますね。

あちこち案内してもらった後、カワセミを見てお別れ。

その後、アメリカヒドリをもう一回見ておこうと戻る。

途中、モズが高鳴き。ジョウビタキ雄もあらわれる。

オランダの風車前では、コスモスもいっぱい咲いていた。

だんだんと夕暮れに。

夕日がまぶしい。

カモたちも池の真ん中くらいに集まっている。

少し時間がかかったがアメリカヒドリを見つける。

アメリカヒドリ

そんななか、小さめのサギが目の前を横切る。

アカガシラサギ

背中赤いし!!

やつだ。

アカガシラサギ登場^^

そのまま飛んでいったが、どうせどっかに降りているだろうと探したら、

やっぱりいた。

アカガシラサギ

本日の〆鳥はアカガシラサギでした。

昨日は大阪城公園でオオコノハズクが保護されたそうです。そしてエルゴトロンなどのモニターアームが届いた。

先日、運動も適度にしろと病院先生に言われたため、リハビリがてら花博記念公園鶴見緑地行って探鳥したところ、張り切り過ぎたせいか、連休は絶不調。

激痛のため家で寝込むはめに。

そんななか、連休明けの昨日は大阪城公園でオオコノハズクが保護されたそうです。

無事、元気になって野に放たれて欲しいですね^^

そういえば、あのトラフズクは無事逃げ切っているだろうか。

そう願う。

そんななか、以前に机の作業スペースを広げるために頼んでいたモニターアームが届いた。

モニターアーム

・センチュリー 21.5&27インチiMacモニター専用ガススプリング式モニターアーム CEN-IMAC-SV2

・エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム 45-241-026

早速、組立て&設置。

 

センチュリー 21.5&27インチiMacモニター専用ガススプリング式モニターアーム CEN-IMAC-SV2 を組み立て。

説明書どおりに組み立てていくとすぐ完成。

ネジを締めこむか緩めるかでアームの動きの調整と配線の取り回しをするくらい。根元のアームの配線をしまうプラスチックの蓋の爪がネジ止めワッシャーに引っ掛けるようになっているのだが、ひっかけるプラスチックの爪がすぐにわれた・・・Orz

半分折れてる爪
爪を引っ掛けるところのワッシャー

もうちょっと肉厚をつけるとかしっかり作って欲しい。←ここダメなところ。

単純に蓋閉めただけなんだけど、ひっかける場所が狂ったのかな。

瞬間接着剤でくっつけて、インシュロックで補強もしたから問題なさそう。

エルゴトロンはこのあたりしっかりしている。

さすがだ。

この製品もそれ以外は、いい感じ。

27インチiMac  が 中に浮く浮く。


センチュリー 21.5&27インチiMacモニター専用ガススプリング式モニターアーム CEN-IMAC-SV2
と iMac 27インチ

使用しないときは、上に持ち上げて机を広く使用。

さて、次は
エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム 45-241-026 の組立て。

こちらも説明書どおり組み立てるとすぐに組みあがる。

こっちは、モニター2台分のモニタースタンドをはずすくらいだ。

VESA規格対応してるよなとびくびくしながらはずす。

無事対応していた。

ネジで調整しなくても駆動はスムーズだったが、硬めに調節した。

配線はこの時点ではしていない。

2代目も完成。

2台のモニターアームはこんな感じ

不要なときは上に持ち上げて机を広く使用する予定。

でかい液タブよけないといけないが・・・。

配線はまだしていないので仮で場所設定。

配線後に、ここからすこしアームの取り回しを変えた。

iMacを持ち上げて机が広く使えるのが助かる。

配線終了後。

PS4とiTunes専用PCを設置して完成。

モニターが

1920 x 1080 (フルHD)

2560 x 1440 (WQHD)

3840 x 2160 (4K)

と、右のモニタ3台すべて解像度が違うという悲しさ。

すべて4Kにしたいな~。

またはDELLのデジタルハイエンドモニターにもう一台を合わせたい。

新型でて、もう売ってないからプレミア価格かOrz

壁なんとかせんとな~

20年以上前?くらいに貰ったオーストラリア土産のワライカワセミ!!

逃走していたワライカワセミのアキーゴ見つかってよかったですね^^

花博記念公園鶴見緑地 の大池でアカガシラサギとワライカワセミが一緒に飛んでたらちょっと胸熱だけどw

そういえば、家に

ワライカワセミの缶詰

がある。

最近までその存在を忘れていたのだが、掃除していたときにでてきた缶詰。

昔、よく葉書きで応募する懸賞に当たる従兄弟がオーストラリア旅行を当ててお土産のひとつにもらったものだ。

 ・オーストラリア旅行

 ・クイーンエリザベスⅡ世号のスイート宿泊

 ・家は黒電話なのに、電話線だけでできるTV電話

  そのほかいろいろ・・・うらやましい強運だ。

  (エコーはがきで1~5枚くらいしかだしてないのに・・・)

よくみるとラベルがワライカワセミだった。

まさかのワライカワセミ^^

20年以上前に貰ったものだ。

食いもんだと思っていたらどぉーーも、ワライカワセミのぬいぐるみのようだ。

3001年1月26日までに使わないといけないらしい。

錆び錆び

お、現在も売っているようだ

逃走していたワライカワセミのアキーゴを発見&捕獲

イベント会場の花博記念公園鶴見緑地 から逃走していた天王寺動物園のワライカワセミのアキーゴを発見&捕獲されたニュースが!!

11/4の 朝9時半頃に捕獲されたようで、

花博記念公園鶴見緑地 横のマンションのベランダにいて捕獲したそうですよ。

よかったよかった。

2019/11/3 大阪市の天王寺動物園で飼育されていたワライカワセミがイベント会場の花博記念公園鶴見緑地から逃走し行方不明らしい。

2019/11/3 大阪市の天王寺動物園で飼育されていたワライカワセミが花博記念公園鶴見緑地のイベント会場から逃走(走って逃げないか・・・)
し行方不明らしい。

まじか!!

鶴見緑地の大池とかにいたりして・・・。

まさか、天王寺動物園に戻る?

はたまた、淀川、長居公園、大阪城公園、なんかに出現?

さて、探しに行くか・。・
逃げたのは2歳 体調40cm 性別不明の写真の子とは別固体のようだ。

(動物園には、アキーゴ含め全部で4羽いるそうだ)

名前はアキーゴ。

【情報をお願いします】ワライカワセミのアキーゴを探しています

http://blog.livedoor.jp/tennojizoo/archives/38990949.html

アキーゴを見かけられた方は天王寺動物公園事務所(TEL:06-6771-2174)までご連絡をお願いいたします。

ワライカワセミ

今まで撮影したアカガシラサギ 

昨日がんばったせいか体調不良。

夕方までのんびりしていたので、

今日は今まで撮影したアカガシラサギの画像を並べてみる。

実際はもう何度か撮影や観察しているが、それらは腕や機材が整っていない時代の不鮮明な画像ばかりなため省く。

(だいたい夕暮れ時に飛んでいる画像)

当時はNIKON ED82NIKONの1万円デジカメCOOLPIX S5100をつけたデジスコや、

NIKON D700にAi AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8S、Nikon Reflex-NIKKOR 500mm F8、ED82などをつけて撮影していた。


アカガシラサギ 2012/05/01 石川県 
 

幼鳥といわれていた固体。

舳倉島行った帰りによった公園でたまたまいてたアカガシラサギ。

アカガシラサギの幼鳥の判断基準が書いている資料が手元にない。

wikipediaにも書いていないな~。

鳥との距離は50m以上か。

アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ

アカガシラサギ 2017/01/05 兵庫県

[引用]
冬季は夏季は頭部から頸部、胸部、胴体上面が黒褐色の羽毛で被われ、淡褐色の縦縞が入る(冬羽)。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%AC%E3%82%B7%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%82%AE

川の土手にいた個体。冬羽。

アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ

アカガシラサギ 2019/11/02 大阪府

花博記念公園鶴見緑地の大池にいた個体 。

アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ

アカガシラサギ 2018/05/12 兵庫県

夏羽はわかりやすい。

池にいた個体。

大覚寺、大泉緑地の夏羽個体は見に行けずだったので、初めて見た夏羽固体だった。

[引用]

夏季は頭部から頸部が赤褐色、胴体上面は青みがかった灰黒色、胸部が紫褐色の羽毛で被われ(夏羽)、和名の由来になっている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%AC%E3%82%B7%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%82%AE

アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ

2019/11/02 探鳥(花博記念公園鶴見緑地、大阪城公園) アカガシラサギ あっちに飛翔、こっちに飛翔。ついにルリビタキも。

朝ゆっくりめにアカガシラサギが出ていた花博記念公園鶴見緑地に行ってみることにした。

どこにいるだろうと地下鉄に乗りながら考える。

  花博記念公園鶴見緑地 ⇒ 地図

まぁ、大池だろうなと思いつつ、駅到着後てくてく歩く。

着いたら飛んだとこだったOrz

約1時間ほど待ってみるも帰ってこない。

人もまったくいなくなった。

どうもこの時間は、

緑のせせらぎのせせらぎの滝にアカガシラサギはいたようで、人はそっちに行っていたようだ。

まぁ、そんなことは知らないので探鳥。

日本庭園に行く途中でエナガ、ジョウビタキ雄

日本庭園ではジョウビタキ雌、カワセミ、マガモ、ハクセキレイ、アオサギ、コサギ

を観察。

パークゴルフ場のほうや山のエリアなどてくてく歩く。

あちこちでモズの高鳴きを聞く。

ジョウビタキも多い。

日本庭園に戻り、大池へ。

どうも大池にアカガシラサギは戻っていたようだが、また飛んで日本庭園のほうへいったようだと道中で聞く。

今しがた日本庭園にはいたが、飛んでくるのは見なかったな~。

見逃したか・・・。

日本庭園につくと、一人カメラマンがいたがいないと。

まぁちょっと探すかと思って池を見ると、

見えないとこから真上に白い物体が飛び上がる。

やつだ!!

優雅に飛び始めたかと思うと、スピードをつけて 旋回しつつまわりだす。

この鳥そういえば白色が多かった。

ちょっと忘れていたため、露出を少し失敗。

もう少しアンダーにするべきだった。

(予想していた設定はだいぶ近い正解値だったがもう少し踏み込みが必要だったようだ)

それでもそれなりには撮れる。

もともと飛翔を撮る予定だったので、大失敗にはならなかったようだ。

アカガシラサギ

アカガシラサギは飛んでいった。

その代わりにハイタカが頭上に飛んできた。

ぐるぐる周ってどこかにきえる。

約1時間ほどご飯を食べながら日本庭園に粘るがまったく飛んでこない。

お山のほうではキクイタダキやミヤマホオジロが出ていたようだ。

そっちに行くか、せせらぎの滝を1回見ておくか迷ったが、

せせらぎの滝 へ行くことに決める。

道中、大池を上から眺めると!?

おっとそばにアカガシラサギいるやん。

そっちに向かう。

カメラマンも5人ほど気づいたようで撮影を開始していた。

光が悪くうまく撮れないので、

飛んでいく、または飛んでくるのをまつことに。

カメラマンが鳥のほうに行くので、右へ左へ結構な距離を飛んでくれた。

私は真ん中ぐらいでのんびりと、少しだけ開けた場所で待つ。

何度かアカガシラサギの飛翔を撮影。

アカガシラサギ
アカガシラサギ

とりあえず撮れたので、大阪城公園へ行ってみることに。

飛騨の森に着くと誰もいない。

鳥もいない!?

あ、そろそろイベントが始まる時間か・・・。

Y氏に連絡してみるとルリビタキが何羽か今日は出ているそうな。

西の丸庭園にはこの時間から入る気にはなれないので、梅林の端っこへ。

キクイタダキとルリビタキ雄を見て撮って。大満足。

帰りに桜広場でジョウビタキ雌。

真暗な沖縄復帰の森で枝から地面に降りる行為を繰り返す鳥を発見。

ISO51200で撮影してみると、ジョウビタキ雌。

本日の〆鳥は ジョウビタキ雌 だった。