アカガシラサギの幼鳥、第1回冬羽、第1回夏羽、成長冬羽、成長夏羽って?

昨日のアカガシラサギは、魚を食べてふっさふさに。

アカガシラサギ
アカガシラサギ

そういえば、

アカガシラサギの幼鳥、第1回冬羽、第1回夏羽、成長冬羽、成長夏羽って?

wikipediaには細かいことが書かれていないし、手持ちの図鑑にも書かれていない。

昨日探鳥後、いきつけのカレー屋で弁当屋さんとカレーを食べながら調べていると、
香川の野鳥を守る会 さんのアカガシラサギの識別に関するページ(香川の野鳥ファイル No.36)が検索にHit!!

参考にさせていただきました。(アカガシラサギの幼鳥、第1回冬羽、第1回夏羽、成長冬羽、成長夏羽 識別の参考にしてみてはいかがでしょうか)

記載内容の識別ポイントから、花博記念公園鶴見緑地のアカガシラサギを判断すると

アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ

・ 初列風切の先端が褐色である

・ 上嘴の全体が暗色である

・成鳥夏羽の鮮やかな色ではない

・11月 撮影

という点より識別してみる。

また、成長 夏羽⇒冬羽 に換羽した画像(京都 大覚寺 2014年)をみると頭から首にかけて、のどの通り道は白ぽく見えるものの他は白くない。(色が着いている)

花博記念公園鶴見緑地の個体はところどころ白っぽい。

そんなところから、

第 1 回冬羽、または幼鳥⇒ 第 1 回冬羽 に移行中といったところだろう。

どこまでが幼鳥なのかわからん。

(2017年1月の固体と比べるとだいぶ若く見える)

以下、wikipediaより引用。


鳥類学用語としての幼鳥(ようちょう、英語juvenile)は、多くの場合、孵化して羽毛が生え揃った後、第1回換羽を終えるまでの時期にある鳥を指し[要出典]、すなわち、生まれたてで羽毛が生え揃っていない段階にある(ひな、英語:chick)よりは成長しており、身体的には成鳥(せいちょう、英語:adult)と遜色ない成長を遂げた段階にある若鳥(わかどり、英語:immature)よりは幼い段階にある鳥を意味する。もっとも、は巣立ち前の幼鳥および若鳥全般を指す場合もあって用法は一貫せず、こちらの場合には、幼鳥は雛の成長段階の一つということになる。さらには、群れの全個体数に対する未成熟個体(飛翔能力等を有する、いわゆる「若鳥」を含む)の比率を意味する幼鳥率(ようちょうりつ)という用語があるように、「未成熟な成長段階にある鳥」を総称する場合もある[3]上、幼鳥率の対象とする「幼鳥」が「巣立った後の鳥(親鳥からはすでに自立しているが、成熟しきってはいない鳥)」である場合も多い[4][5][6]ので、結論としては、確かに定義するには例外が多すぎる、と言わざるを得ない。これらの用語については「鳥類用語#繁殖」の一覧も参照のこと。

幼鳥
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%BC%E9%B3%A5

ちなみに、この夏羽の個体は以下の点から第1回夏羽の 個体 のようだ。

・ 初列風切羽の軸に褐色が残る

・ 夏羽の鮮やかな色 である

・嘴の先端が上下が黒く、他はほぼ黄色

アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ

成長夏羽の羽は真っ白とのこと。( 成鳥冬羽 の時点で翼は白色)

成長夏羽のアカガシラサギの画像を見ていると確かに真っ白な翼。


こちらはさすがに撮影時期が1月と考えると幼鳥ではなく第1回冬羽なんだろうか。

アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ

2019/11/09 探鳥(花博記念公園鶴見緑地、大阪城公園) アカガシラサギ、ハヤブサ飛ぶ

本日も花博記念公園鶴見緑地にて探鳥。

まずは、アメリカヒドリを探す。

柵周りをすいすい泳いでいた。

アカガシラサギを探しにせせらぎの滝へ行くも不在。

そのままハスの池にいくも、カワセミは出て行った後。

お山に登るところでホオジロ系の声とルリビタキ。

ジョウビタキはハスの池など各所で見る。

日本庭園に向かう途中、上空でカラスがモビング。

トビとオオタカだ。

大池に戻りトイレにいってる間に、アカガシラサギが飛ぶ。

そしてあちこち飛ぶ。

帰り道、カラスが上空にいっぱい現れる。

先頭にはハヤブサ。

大阪城公園に移動。

途中、桜広場の キマユムシクイを待つも現れないので神社裏へ。

夕暮れで暗いがジョウビタキ雄とコマドリがでてくる。

本日の〆鳥はコマドリ雄。

2019/11/08 探鳥(花博記念公園鶴見緑地)見るの忘れてたアメリカヒドリを見ていたらアカガシラサギが飛びながら横切っていった。


大阪城公園ではコマドリがでてるみたいなのでちょっと気になりつつも 、お昼から散歩がてら花博記念公園鶴見緑地へ。

到着して大池を見るとアカガシラサギは見えない。

カメラマンもいない。

それならばと、アメリカヒドリを見に行く。

自転車でカモに餌をやっていたおっちゃんと話すと今日はカメラマンがほとんどいないとか。いつもならアカガシラサギを撮りに来ているカメラマンがいっぱいいるとのこと。

もうアカガシラサギはどっかいったのか?

カラスのことなどいろいろお話した後に、移動。

カモの群れを見たら、アメリカヒドリをさくっと見つけた。わかりやすい子だ。

少し撮影したら、声をかける人が。

Hさんだった。

けっこういろいろな場所で会いますね。

あちこち案内してもらった後、カワセミを見てお別れ。

その後、アメリカヒドリをもう一回見ておこうと戻る。

途中、モズが高鳴き。ジョウビタキ雄もあらわれる。

オランダの風車前では、コスモスもいっぱい咲いていた。

だんだんと夕暮れに。

夕日がまぶしい。

カモたちも池の真ん中くらいに集まっている。

少し時間がかかったがアメリカヒドリを見つける。

アメリカヒドリ

そんななか、小さめのサギが目の前を横切る。

アカガシラサギ

背中赤いし!!

やつだ。

アカガシラサギ登場^^

そのまま飛んでいったが、どうせどっかに降りているだろうと探したら、

やっぱりいた。

アカガシラサギ

本日の〆鳥はアカガシラサギでした。

20年以上前?くらいに貰ったオーストラリア土産のワライカワセミ!!

逃走していたワライカワセミのアキーゴ見つかってよかったですね^^

花博記念公園鶴見緑地 の大池でアカガシラサギとワライカワセミが一緒に飛んでたらちょっと胸熱だけどw

そういえば、家に

ワライカワセミの缶詰

がある。

最近までその存在を忘れていたのだが、掃除していたときにでてきた缶詰。

昔、よく葉書きで応募する懸賞に当たる従兄弟がオーストラリア旅行を当ててお土産のひとつにもらったものだ。

 ・オーストラリア旅行

 ・クイーンエリザベスⅡ世号のスイート宿泊

 ・家は黒電話なのに、電話線だけでできるTV電話

  そのほかいろいろ・・・うらやましい強運だ。

  (エコーはがきで1~5枚くらいしかだしてないのに・・・)

よくみるとラベルがワライカワセミだった。

まさかのワライカワセミ^^

20年以上前に貰ったものだ。

食いもんだと思っていたらどぉーーも、ワライカワセミのぬいぐるみのようだ。

3001年1月26日までに使わないといけないらしい。

錆び錆び

お、現在も売っているようだ

今まで撮影したアカガシラサギ 

昨日がんばったせいか体調不良。

夕方までのんびりしていたので、

今日は今まで撮影したアカガシラサギの画像を並べてみる。

実際はもう何度か撮影や観察しているが、それらは腕や機材が整っていない時代の不鮮明な画像ばかりなため省く。

(だいたい夕暮れ時に飛んでいる画像)

当時はNIKON ED82NIKONの1万円デジカメCOOLPIX S5100をつけたデジスコや、

NIKON D700にAi AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8S、Nikon Reflex-NIKKOR 500mm F8、ED82などをつけて撮影していた。


アカガシラサギ 2012/05/01 石川県 
 

幼鳥といわれていた固体。

舳倉島行った帰りによった公園でたまたまいてたアカガシラサギ。

アカガシラサギの幼鳥の判断基準が書いている資料が手元にない。

wikipediaにも書いていないな~。

鳥との距離は50m以上か。

アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ

アカガシラサギ 2017/01/05 兵庫県

[引用]
冬季は夏季は頭部から頸部、胸部、胴体上面が黒褐色の羽毛で被われ、淡褐色の縦縞が入る(冬羽)。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%AC%E3%82%B7%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%82%AE

川の土手にいた個体。冬羽。

アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ

アカガシラサギ 2019/11/02 大阪府

花博記念公園鶴見緑地の大池にいた個体 。

アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ

アカガシラサギ 2018/05/12 兵庫県

夏羽はわかりやすい。

池にいた個体。

大覚寺、大泉緑地の夏羽個体は見に行けずだったので、初めて見た夏羽固体だった。

[引用]

夏季は頭部から頸部が赤褐色、胴体上面は青みがかった灰黒色、胸部が紫褐色の羽毛で被われ(夏羽)、和名の由来になっている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%AC%E3%82%B7%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%82%AE

アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ

2019/11/02 探鳥(花博記念公園鶴見緑地、大阪城公園) アカガシラサギ あっちに飛翔、こっちに飛翔。ついにルリビタキも。

朝ゆっくりめにアカガシラサギが出ていた花博記念公園鶴見緑地に行ってみることにした。

どこにいるだろうと地下鉄に乗りながら考える。

  花博記念公園鶴見緑地 ⇒ 地図

まぁ、大池だろうなと思いつつ、駅到着後てくてく歩く。

着いたら飛んだとこだったOrz

約1時間ほど待ってみるも帰ってこない。

人もまったくいなくなった。

どうもこの時間は、

緑のせせらぎのせせらぎの滝にアカガシラサギはいたようで、人はそっちに行っていたようだ。

まぁ、そんなことは知らないので探鳥。

日本庭園に行く途中でエナガ、ジョウビタキ雄

日本庭園ではジョウビタキ雌、カワセミ、マガモ、ハクセキレイ、アオサギ、コサギ

を観察。

パークゴルフ場のほうや山のエリアなどてくてく歩く。

あちこちでモズの高鳴きを聞く。

ジョウビタキも多い。

日本庭園に戻り、大池へ。

どうも大池にアカガシラサギは戻っていたようだが、また飛んで日本庭園のほうへいったようだと道中で聞く。

今しがた日本庭園にはいたが、飛んでくるのは見なかったな~。

見逃したか・・・。

日本庭園につくと、一人カメラマンがいたがいないと。

まぁちょっと探すかと思って池を見ると、

見えないとこから真上に白い物体が飛び上がる。

やつだ!!

優雅に飛び始めたかと思うと、スピードをつけて 旋回しつつまわりだす。

この鳥そういえば白色が多かった。

ちょっと忘れていたため、露出を少し失敗。

もう少しアンダーにするべきだった。

(予想していた設定はだいぶ近い正解値だったがもう少し踏み込みが必要だったようだ)

それでもそれなりには撮れる。

もともと飛翔を撮る予定だったので、大失敗にはならなかったようだ。

アカガシラサギ

アカガシラサギは飛んでいった。

その代わりにハイタカが頭上に飛んできた。

ぐるぐる周ってどこかにきえる。

約1時間ほどご飯を食べながら日本庭園に粘るがまったく飛んでこない。

お山のほうではキクイタダキやミヤマホオジロが出ていたようだ。

そっちに行くか、せせらぎの滝を1回見ておくか迷ったが、

せせらぎの滝 へ行くことに決める。

道中、大池を上から眺めると!?

おっとそばにアカガシラサギいるやん。

そっちに向かう。

カメラマンも5人ほど気づいたようで撮影を開始していた。

光が悪くうまく撮れないので、

飛んでいく、または飛んでくるのをまつことに。

カメラマンが鳥のほうに行くので、右へ左へ結構な距離を飛んでくれた。

私は真ん中ぐらいでのんびりと、少しだけ開けた場所で待つ。

何度かアカガシラサギの飛翔を撮影。

アカガシラサギ
アカガシラサギ

とりあえず撮れたので、大阪城公園へ行ってみることに。

飛騨の森に着くと誰もいない。

鳥もいない!?

あ、そろそろイベントが始まる時間か・・・。

Y氏に連絡してみるとルリビタキが何羽か今日は出ているそうな。

西の丸庭園にはこの時間から入る気にはなれないので、梅林の端っこへ。

キクイタダキとルリビタキ雄を見て撮って。大満足。

帰りに桜広場でジョウビタキ雌。

真暗な沖縄復帰の森で枝から地面に降りる行為を繰り返す鳥を発見。

ISO51200で撮影してみると、ジョウビタキ雌。

本日の〆鳥は ジョウビタキ雌 だった。