2019/10/27 探鳥(大阪城公園) キクイタダキ現る

所要で昼をまわってから登城。

今日は、神社東側でキクイタダキが出ているとのこと。

修道館裏、神社裏を通り神社東側へ。

通っているときに、ジョウビタキ雄が現れた。

神社東に行くと、キクイタダキがちょこちょこ動き回っている。

キクイタダキ

堀側ではムシクイとメジロ。キビタキ雌、ジョウビタキ雌も。

ムシクイ
ムシクイ

オオムシクイなんだろうか・・・

ネット調べていると P10といわれる 初列風切最外羽 と PCとよばれる 最長初列雨覆 との長さの差で判別できるとか・・・。

初列風切最外羽 がはっきり撮れている写真が一枚もなかった Orz

今日は配水地に行かなかったが、ムギマキはいたらしい。

ほとんど見れないとか。

ピース大阪まで移動する。

ピース大阪では、ムシクイとメジロ。

ムシクイ

オオルリは見れず。ヤマガラもいない。

どこへ・・・。

水流では、コサギ、カルガモ、コガモ。

ジョウビタキ雌。

教育裏を通って帰路へ。

2019/10/23 探鳥(大阪城公園) ジュディ・オングみたいなムギマキ雄成長。他にムギマキ雌など

今日もリュックひとつで、ぶらぶらと歩きながら12時まわってから探鳥。

京橋口から飛騨の森を通り、まだ見ていなかったノゴマを見る。

人気者だ。

ノゴマを見ていると、ムギマキはまだいるよとのこと。(どもです)

まじか。

行かなければ。

飛騨の森を通り、愛の森を通り、極楽橋を渡り、山里丸を通り、配水地北側へ向かう。

今日は平日なので人も少ないだろうと思ったが、現地に着くと昨日より多いのでは・・・。

(祝日は、私が覗いた時間がたまたま少なかったからそう思っただけだったようだ。)

少ししたらムギマキ雄成長があらわれた。

まだいてくれてうれしい。

明日からは雨。

もう行ってしまうかな。

また、来年の春、または秋に会おう。

ぜひ会おう。

大阪城公園で待ってます^^

他にキビタキ雌やジョウビタキ雌雄、シジュウカラ、スズメ、コゲラ、メジロなど見ながらのんびりしていたらなにやらヒタキが出てきた。

ムギマキ雄若か!

はじめに撮った写真は腹の部分のみ。

薄い橙色だ。

雄若かな。

飛んだので撮影。

おっと雌。

ムギマキ 雌
ムギマキ 雌

これはうれしい。今季初^^

ムギマキ雄若と雌の識別については、

元山さんのブログ 「大阪城公園の野鳥 元山裕康のこんなん出てます!」 

元山さんのブログはこちら

の記事を見ていただくとわかりやすいと思います。

本日のムギマキ雌には外側尾羽の付け根付近が白色でない。

ムギマキ雌

ちなみに昨日のムギマキ雄若

昨日のムギマキ雄若

その後も何回もやってきてくれた。

前や横や上方向などいろいろ。

時間が経ち、時間も16時をまわり薄暗くなってきた。

もともと曇り空のためとても暗い。

人も数人。

ムギマキも出るかでないかわからない。

キビタキ雌がちらほらやってくる。2羽。

ちょっと真剣に撮影してみた。

キビタキ雌がやってくるので、いろいろと設定を変えて試写。

本命を待つ。

まぁそうすぐにはやってこない。

ムギマキ雌はやってくる。

雄成長はでない。

もう終わりかなと、思ったらやってきた。

一枚ぐらい狙った飛翔写真を撮りたい。

(狙わなくても連射撮影していると勝手に撮れていたりするのだが)

とりあえず正面顔飛翔が撮れた^-^

「ジュディ・オングみたいなムギマキ成長雄」

O野さんの奥さんに見てもらうと、

「ジュディオングみたい」

とコメントをいただいた。

タイトルに入れよう。

「ジュディ・オングみたいなムギマキ成長雄」と。

コメントありがとうごうざいます^^

手持ちでこれだけ撮れる今の機材ってすごいな~。

三脚あったら・・・・

実は三脚座つけてませんが、買ってしまったw

三脚座の使用用途がちょっと違うんですが。その話はまた違う記事で・・・。

さて、次登城するときにはムギマキは渡ってるかな~。

追記・・

一眼レフを久しぶりにメインで使用しているが、

どんだけ背景にピントもってかれるんだ・・・・

マニュアル調整がんばろう。

2019/10/20 探鳥(大阪城公園) 久しぶりにトラフズクに出会う

今日はリュックひとつで、11時から探鳥。

桜門前の空堀でノジコが3羽とのこと。私は見ることができずOrz

空堀では他にジョウビタキ雄とコサメビタキ。

エゾビタキとオオルリ若もいたそうだが、その子達には会えず。

今期まだ見てないのでオオルリ若みたいな^^

修道館裏ではコサメビタキ2羽、キビタキ雌2羽。

サメビタキには会えずOrz

神社裏ではメジロ複数羽、キビタキ雌1羽、オオルリ雌1羽と出会う。

戻って桜門前の空堀へ。

ノジコには会えずOrz

西の丸庭園にニシオジロビタキだよ~とM山さん。どもです。

一緒に入るも行方不明。

いないなら探そうと、千貫櫓から順番に探すもいない。ふらふら~っと、迎賓館まできてもニシオジロビタキはおらず。

トイレ付近まで行くもおらず。

あわよくば、エゾビタキ!! もいないな~と思っていたら、カラスの声。

オオタカ か!

とりあえず先頭を探してみてみる。

白っぽい。なんだ? 、とカメラを向けてみる。

コミミズク ? ファインダー上小さくて顔がよくわからない。

コミミっぽいけど、大阪城公園で?

ひょっとしたら篭脱けのミミズクとか? (あんなに飛べなそうだが)

コミミと思うが後で確認しようとパシャパシャ。(合計100枚程度撮れていた)

2019/10/20 探鳥(大阪城公園) 久しぶりにコミミズクに出会う
2019/10/20 探鳥(大阪城公園)

カラスで空は真っ黒になってきた。

50羽前後いたんじゃなかろうか。

迎賓館の向こうから 千貫櫓 のほうへ、バチバチやりながら飛んでいく。

5分くらいはかかっていたと思う。

そのまま西の丸庭園から府警のほうへ抜けていく。

カラスにやられたのか、多くの尾羽が抜けていた。

うつぼ公園や難波の宮跡、隠れれる河川敷や、その他公園へ逃げて欲しいが。

元山さんに記録してもらおうと、あまり使用しないカメラ⇒スマホに撮影した画像を送る作業に苦戦しつつも、画像と状況を送信。電話もいただいたので詳しい状況をお話した。

元山さんのブログ ⇒ 大阪城公園の野鳥 元山裕康のこんなん出てます!

に、速報として取り上げていただきました。ありがとうございます^^

<追記開始:2019/10/21 16:20>

⇒元山さんの記事にトラフズクではないでしょうか?とのコメントがありました。

たしかに良く見ると、虹彩はオレンジに見えます。

早合点してしまったかな~T-T

トラフズクが飛んでいるところを今まで見たことがないため、ネットにあがっているトラフズクの画像を拝見しました。
判断基準じゃないのかもしれませんが、目の上から頭頂にかけての黒いラインもトラフズクにしかないように見えました。図鑑のトラフズクも黒いラインがあるな~。縦斑も太いように見える。

トラフズクなのか!!

それはそれでうれしい。

人生3度目のそして初めて飛んでいるトラフズクを見れたのか!!

はたして・・・。

以下、拡大した画像。

2019/10/20 探鳥(大阪城公園)

2019/10/20 探鳥(大阪城公園)

以前撮影した飛翔時のコミミズク(2016/12)と止まってるトラフズク(2011/12)。

勝手な思い込みでトラフズクはシュッとして細いイメージがあったけど、見返すと結構太めだった。

今は無き、 ニコン AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR で撮影
こちらはデジスコ!! 今回の写真は
ニコン AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR +
ニコン AF-S TELECONVERTER TC-14E III で撮影

<追記終わり:2019/10/21 16:20>

<追記始まり:2019/10/24 15:51>

トラフズク
トラフズク

千貫櫓付近は雲が多く、いた場所から遠くなった。

高低差、向きなどで若干大きさに差はあると思うが、カラスとの大きさの対比として画像をペタペタ

<追記終わり:2019/10/24 15:51>

<追記始まり:2019/10/23 20:53>

元山さんのブログ 「大阪城公園の野鳥 元山裕康のこんなん出てます!」

の「今日もムギマキ大人気!! 西の丸庭園で羽を探して。 2019.10.23」

の記事、コメントにて元山さんからコメントをいただきました。

カラスに追われていたのは、トラフズクで間違いないようです。

記事をトラフズクに修正します。

■以下、追加&削除

 元山さんから連絡があり、森之宮交差点で散乱していた羽は、ヤマシギだったそうです。以下の内容を削除します。

貴重なヤマシギが・・・。

トラフズクは無事逃げ切ったかな~

しかし、 森の宮交差点で羽が散乱していたとのこと。 カラスにやられてしまったのかな~。どこかで生き抜いていてくれればいいんだけど。

◆元山さんの上記ブログ記事の追加より引用します。

引用元: 「大阪城公園の野鳥 元山裕康のこんなん出てます!」


今日もムギマキ大人気!! 西の丸庭園で羽を探して。 2019.10.23」


羽に関心があり調べている方からメールあり。今回のトラフズクの件で、森の宮の具体的な場所など連絡したところ早速出かけて散らばった羽を収集したとの事です。
初列・次列は無く三列も無かったようだと。尾羽も含め主要な羽根は何処にあるのかとの事でした。
お願いです、西の丸庭園などで羽、尾羽? など目にしたらぜひ連絡をお願いいたします。
採集されるか、後で取りに行きます。具体的な場所などよろしくお願いいたします。

★西の丸庭園などで羽、尾羽? など目にしたら元山さんまでご連絡よろしくお願いします。私も行った際に探してみます。

<追記終わり:2019/10/23 20:53>

その後、 千貫櫓横でニシオジロビタキと会うことができた。

しかし、その後によった空堀では、ノジコには会えずOrz

久しぶりに探鳥に出かけ、大阪城公園内で コミミズク?トラフズクに会えるとは、今日は良い一日だった。 大阪城公園内ではあまり見れない種だけにうれしい。

あ、飛騨のノゴマを見るの忘れた・・・。

チョコエッグ 動物シリーズ(鳥)

チョコエッグ 動物シリーズ(鳥)は2003年ごろに発売されている。

すべて羽を広げた鳥の造形 になっている。

ただ、造形美は私は好みではない。この時点で海洋堂とフルタ製菓は決別しており、松村さんの造形ではない。

ルリツグミ、コアホウドリ、ハクトウワシ とか馴染みのない鳥がまざっている。

撮影が終わり次第、画像をアップ予定。

以下がラインナップされていた。

001 オオタカ
002 ミサゴ
003 ハクトウワシ
004 アカゲラ
005 アカショウビン
006 メジロ
007 コミミズク
008 カワセミ
009 ゴイサギ
010 コアジサシ
011 ミツユビカモメ
012 モズ
013 ウグイス
014 スズメ
015 ルリツグミ
016 タンチョウ
017 ブッポウソウ
018 シジュウカラ
019 オオハクチョウ
020 コアホウドリ
SP オオタカの飛び立ち